近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

円谷英二 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●円谷英二家系図
円谷英二
円谷英二
1901~1970/円谷プロダクション創立者・初代社長、特撮監督、映画監督/本名・円谷英一/
日本飛行学校、神田電機学校に学び、大正8年天活(9年国際活映に変更)に撮影技師として入社。
14年松竹京都撮影所に移り、撮影助手・カメラマンをつとめ、昭和7年日活を経て、9年JOスタジオ(東宝の前身)に入社、11年監督デビュー。
12年日独合作映画「新しき土」で日本初の本格的スクリーンプロセスを完成。
同年東宝に転じ、特殊技術課を創設。
「燃ゆる大空」「ハワイ・マレー沖海戦」「加藤隼戦闘隊」などの航空戦記映画の特殊技術を担当、
特撮の魅力を認めさせた。
戦後は、公職追放でフリーとなり、大映の「虹男」「透明人間現わる」などの特撮担当後、27年東宝に復帰。
29年日本初の怪獣映画「ゴジラ」を制作し大ヒットを飛ばす。
以来「空の大怪獣ラドン」「モスラ」、テレビ「ウルトラQ」「ウルトラマン」(監修)などで、映画、テレビに怪獣ブームを巻き起こした。
38年に円谷特技プロ(のち円谷プロダクション)を設立し、社長に就任。
特撮映画を制作するとともに、多くの特撮マンを育てた。
他の作品に「地球防衛戦」「日本誕生」「世界大戦争」「大盗賊」「怪獣大戦争」などがある。
円谷英二
DVD:円谷英二
荒木秀三郎 円谷英二の妻・マサノの弟/光学撮影担当/
ニュースカメラマンとして、ニューギニアのパレンバン落下傘部隊に従軍した。
「大怪獣バラン」等で特撮を担当。
円谷一 1931~1973/円谷英二長男/円谷プロ第2代社長、TBSディレクター/
「ウルトラQ」7本、「ウルトラマン」8本、「ウルトラセブン」6本の監督をつとめるなど、第1期ウルトラシリーズの核づくりや方向付けをした中核的存在。
『とりわけ「ウルトラマン」シリーズを特徴づけているユーモア、あたたかさ、どことなしに抜けたような大らかさ、そしてメルヘン調の味わいは、ツブちゃん(円谷一)の人柄そのものの発露にも思える。
(「怪獣な日々―わたしの円谷英二100年」実相寺昭雄/著)』
また、東京一(あずまきょういち)のペンネームで「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の主題歌等を作詞した。
TBSを退職し、父・“特撮の神様”円谷英二の死後、円谷プロが明日をも見えぬ状況に陥った昭和45年、代表に就任。
その翌年には「帰ってきたウルトラマン」をプロデュースし、怪獣ブームを復活させる。
ブームの上げ潮に乗り経営は、2年で立ち直るが、47年離婚、その翌年、過労のため41歳の若さで急逝。
円谷一
円谷一―ウルトラQと“テレビ映画”の時代」白石雅彦
円谷昌弘 円谷一長男/円谷プロ第5代社長/
平成「ウルトラセブン」「ウルトラマンネオス」「オタスケガール」をプロデュース、「ムーンスパイラル」では監督を担当した。
関連DVD
円谷英二のおもちゃ箱 もう一つのファインダー
円谷英明 円谷一次男/円谷ドリームファクトリー社長/円谷プロ第6代社長/
バンダイから円谷プロに入社、「ウルトラマンコスモスVsウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」「新世紀2003 ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE」の企画を担当した。
ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗
円谷浩
円谷浩
1964~2001/円谷一3男/俳優/本名・円谷寛/
俳優の道に進み大映テレビの「高校聖夫婦」でデビュー。
翌年、宇宙刑事シリーズ第3弾の「宇宙刑事シャイダー」で主役を演じる。
「若大将!天下御免」「水戸黄門」「暴れん坊将軍」「真田太平記」「ウルトラセブン 地球星人の大地」「新選組血風録」など、
テレビの青春ドラマ、時代劇を中心に活躍。
「ウルトラマンダイナ」にミヤタ参謀役でセミレギュラー出演。
他に映画「福沢諭吉」「勝利者」、舞台「孤愁の岸」など。
健康を害し、円谷プロ芸能部のマネージャーに転じるが、平成13年肝不全のため37歳で早世。
円谷一美(ひとみ)
(又紀仁美/ゆうきひとみ)
円谷一長女(第4子)/歌手(シンガーソングライター)/
又紀仁美の芸名でアルバム5枚をリリースしたJ-POPアーティスト。
透明感のある歌声と繊細な歌詞が魅力的で完成度も高い。
現在は円谷一美の本名に戻り、コンポーザーとして活躍している。
CD:又紀仁美
Kiss in the rain
あなたが微笑むとき
Forward
YOU&LOVE
Be Myself
著書(小説)
風の香る場所
円谷皐(のぼる)
円谷皐
1935~1995/円谷英二次男/
円谷プロ第3代社長・初代会長、映画プロデューサー、歌手/通称・谷のぼる/
昭和33年フジテレビに入社。ディレクター、ドラマプロデューサーとして数多くの作品を手がける。
43年、フジテレビ退社後、円谷プロダクションに転じ、専務、48年社長。
この間、43年円谷エンタープライズを設立し、社長、48年円谷音楽出版代表取締役を兼任。
“ウルトラファミリー”化路線を推進した。
変身ものの元祖「ウルトラマン」をアニメにして、62年アメリカのテレビで放映、評判を呼んだ。
プロ歌手としても活動し、CDシングル「素敵な出逢いを有難う」などがある。
円谷皐
円谷皐 ウルトラマンを語る
CD:円谷皐
円谷一夫 第4代社長、円谷プロ会長兼社長(第8代)/
円谷粲(あきら) 円谷英二3男/円谷ドリームファクトリー取締役、円谷エンターティンメント副会長/
「ウルトラQ」で円谷プロ入り。
「怪奇大作戦」までは助監督として作品を支え、円谷一が代表となってからはプロデューサーに転じた。
円谷優子(憂子) 歌手/
昭和63年「HELP」でデビュー。平成元年4月にはファーストアルバム「COLORS」を出す。
ラジオのDJ、声優などにも挑戦。
同年8月発売のアニメビデオ「ハイスピード・ジェシー」全12巻では主役“ティアナ”の声を担当した。
CD:円谷優子円谷憂子
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。