近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

谷垣禎一 系図 (※転載禁止)




谷垣禎一の母方祖父は、対中和平工作推進者であり、汪兆銘政権樹立の立役者 影佐禎昭

当初、影佐は、“田舎侍”で、“若気の過ち”ゆえ、自他ともに認める対中国強硬派であった。
しかし、参謀本部で中国関係の職務を歴任するにあたり、大局を読み、次第に和平論者に転向していった。

昭和15年3月、南京に成立した汪兆銘政権は、“謀略”、“傀儡”と捉えられたが、 影佐はそうは考えていなかった。

汪兆銘工作は、日中戦争を和平に導くことが出来なかったという点では、失敗であったが、 影佐の構想では、裏で和平の地盤を固めた後、 汪を仲介として最終的に蒋介石と和平を結ぶというものであった。

(蒋介石は、昭和15年9月、日本が結んだ日独伊三国同盟以降、 連合国陣営の最終勝利を確信するに至り動かず、泥沼戦争の様相は、かえって深刻化するに到った。)

そらのる 1210追加

●谷垣禎一家系図
影佐禎昭
(かげさ さだあき)
影佐禎昭
1893~1948/陸軍中将、汪兆銘政権軍事顧問/陸軍・中国専門家/
現在の広島県福山市に影佐造次の長男として生れ、影佐家は代々、広島浅野藩士の家系で、漢学を家学とし、祖父は槍の指南番をつとめていた。父は小学校長をつとめた。
小学校を終え、大阪にいた姉の嫁ぎ先に寄宿して大阪府立市岡中学を経て、陸軍士官学校(26期)、陸軍大学校卒。
昭和4年参謀本部から中国に派遣され、参謀本部支那班長・上海駐在武官などを経て、昭和12年から参謀本部支那課長・同謀略課長となり、 一貫して中国関係の情報活動を続けた。
蒋介石と対立決別した国民党親日派の首領・汪兆銘に協力して、汪政権樹立工作、いわゆる「梅工作」を担当した。
影佐大佐を中心とするこの工作機関は「梅機関」あるいは「影佐機関」と通称され、犬養健らと、汪兆銘政権樹立に真摯な情熱と努力を傾けた。
14年支那派遣軍総司令部付となり、翌15年汪兆銘政府樹立後は、その軍事顧問となった。
17年、東条英機首相は「影佐は中国に対して寛大すぎる」と判断して、第7砲兵司令官として北満国境へ転任させ(のち中将に進級)、さらに18年、戦死間違いなしと言われていた激戦下のラバウルの第38師団長に任命した。
しかし、米軍はこの要点を飛び越えて日本本土へ向かい、主戦場から孤立したまま終戦を迎えた。
21年5月復員、中国から戦犯指名を受けたが、長期の肺結核のため、23年9月、55歳で死去。
影佐禎昭
日中の架け橋―影佐禎昭の生涯」浅田百合子/著
揚子江はいまも流れている」犬養健/著
谷垣松次郎 酒造業/五男が専一
谷垣専一(せんいち)
谷垣専一
1912~1983/衆議院議員(自民党)、文相、農林官僚/
東京帝大法学部法律学科卒/
昭和11年農林省に入省。満州で日本からの開拓農民の指導にあたり、この時、影佐禎昭と知り合い、昭和19年、長女・安紀と結婚。
農林中央金庫監事だった昭和35年、衆院選に出馬して初当選。
建設政務次官、厚生政務次官などを歴任、51年に落選したが、54年11月の補選で返り咲き、同年11月の第2次大平内閣で文部大臣を務めた。
「古風な官僚のにおいを残す人で、周囲からは畏怖されていた」(地元秘書)という。
妻・安紀を42歳で亡くし、周囲から政治家稼業には妻が不可欠との事から、再婚を勧められるも、一切取り合わなかった。
宏池会(大平派・鈴木派)に所属、宮沢喜一を支える“七奉行”の一人に数えられてきたが、58年5月に引退を表明、療養を続けていたが6月没。
谷垣禎一(さだかず)
谷垣禎一
衆議院議員(自民党)、財務相、科学技術庁長官、弁護士/専一長男/
東京大学法学部卒/
昭和58年父の死に伴う補選で衆院議院に当選。
この時、京都に一週間以上も泊まりこんで面倒を見たのが、加藤紘一であった。
それ以来、禎一は、加藤を熱烈に慕うようになる。
衆院議事進行係、郵政政務次官などをつとめ、平成9年第2次橋本改造内閣の科学技術庁長官に就任。
以後、金融再生委員長(小渕、森内閣)、産業再生機構担当大臣(小泉内閣)等を歴任、平成15年9月より18年9月まで財務大臣(小泉内閣)を務めた。
■「谷垣さだかず公式サイト
谷垣禎一
谷垣信行 谷垣禎一秘書/専一次男、京大卒/
時乗武雄 陸軍少佐/陸士48期、陸軍大学校卒
八木靖浩 1920~1995/川崎製鉄社長・会長/谷垣禎一の従兄/
昭和18年川崎重工業入社。25年分離した川崎製鉄に移り、46年取締役水島製鉄所副所長。
49年常務・技術本部長・ツバロンプロジェクト協力本部長、52年専務、54年副社長を経て、57年社長に就任。平成2年会長、7年相談役。
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
日中の架け橋―影佐禎昭の生涯」浅田百合子
揚子江はいまも流れている」犬養健
謀略の昭和裏面史―特務機関&右翼人脈と戦後の未解決事件!」黒井文太郎/編著
昭和史の軍人たち」秦郁彦
聞書 わが心の自叙伝」松本重治/著、加固寛子/聞き手
上海時代」松本重治
日本陸海軍総合事典」秦郁彦/編
日本の実業家―近代日本を創った経済人伝記目録」日本工業倶楽部/編
週刊朝日


●花本さまより追加情報いただきました。