近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

朝日新聞社創業者・上野理一 系図 (※転載禁止)


朝日新聞社主・上野家系図


朝日新聞社 主要株主(2008年6月6日現在/異動後)
株主名 持株数 発行済株式総数に対する割合
村山 美知子 467,641株 14.61%
上野 尚一 410,255 12.82
朝日新聞社従業員持株会 408,424 12.76
株式会社テレビ朝日 380,000 11.88
財団法人香雪美術館 319,000 9.97
村山 恭平 159,990 5.00
村山 富美子 114,295 3.57
上野 克二 107,000 3.34
上野 信三 107,000 3.34
朝日新聞社役員持株会 47,202 1.48
(参照:「2008年6月6日 朝日新聞社、テレビ朝日による新しい提携の枠組み合意について」)

朝日新聞社創業家・社主家である 村山家上野家は、ともに、華族と繋がりを持つ。

上野家は、旧摂津三田(さんだ)藩主である九鬼子爵家から、 創業者・上野理一の長男・上野精一に、梅子を嫁に迎えた。

そらのる 1210追加

●朝日新聞社社主・上野家系図
上野理一
上野理一
1848~1919/朝日新聞社創業者、社主・社長/
明治3年、大阪に出て、のち兵庫県庁に勤め、12年同県川辺郡長。
大阪に帰り、13年大阪朝日新聞社に入社。
14年から、村山龍平と共同出資で経営に参画、販売・広告の経理を担当、
創業時代の経営基盤を強化した。
41年には、大阪・東京の両朝日新聞社を合併し、朝日新聞合資会社とし、
以降、村山と1年交代で社長となった。
大正7年の白虹筆禍事件で村山社長辞任の後を受け、事態を収拾、
社長として事業発展の基礎を築いた。
8年株式会社化を機に役員引退。また、茶道に優れ、詩文・書画をよくした。
上野理一伝」朝日新聞社大阪本社社史編集室
上野精一
上野精一
1882~1970/朝日新聞社社主・社長/上野理一の長男/東京帝国大学法科大学卒/
大学院在籍のまま、日本勧業銀行に入ったが、明治43年朝日新聞社(東京)に入り、
営業部長、大正6年副社長、8年専務取締役、昭和5年取締役会長、8年社長となった。
15年会長に転じ、戦後公職追放、復帰後、社主となり、26年再び取締役となった。
35年会長、代表取締役、39年社主・取締役となった。
この間、昭和2年ジュネーブの第1回世界新聞専門家会議に出席、
不正確有害記事防止決議案を提出、可決された。
30年には、内外新聞関係蔵書を京都大学に寄贈、「上野文庫」となった。
38年新聞史研究の先覚として、日本新聞学会初の名誉会員に選ばれた。
また、43年財団法人仏教美術研究上野記念財団を設立、仏教美術の研究、発展に貢献した。
上野梅子
上野梅子
琴演奏家/号・菊野秋子/九鬼子爵家の出/むめ子/
5、6歳の頃から90年余にわたって琴演奏に親しみ、菊野秋子と号した。
楽譜の残っていない貴重な古典の演奏を得意とした。平成元年没。
上野淳一 朝日新聞社社主・取締役/
大阪市出身/妻・美代子は福井菊三郎五女/
M42年生、S9年京大経済学部卒、大学院にて研究の後、朝日新聞社に入り、
東京本社印刷局長を経て17年取締役に選ばれ20年退任、最高裁長官秘書官を経て、
27年再び朝日新聞社に入社、45年社主。
長女・邦子(S15年11月生、慶大文学部卒)は神谷信彌(伝兵衛二男)に嫁す。
上野尚一(しょういち) 淳一長男/朝日新聞社社主/妻・美奈は三井虎雄三女/
S11年3月生、慶大法学部卒、朝日新聞東京本社勤務。平成9年より社主。
上野克二 淳一二男/妻・直保子は藤村建支長女/
S12年9月生、慶大法学部卒、朝日放送勤務。
上野信三 淳一三男/電通サドラー・アンド・ヘネシー会長/妻・俊子は瀬川美能留長女/
S13年11月生、36年慶大学法学部卒、電通入社。37年、電通退社。
40年、シラキュース大学大学院ジャーナリズム学部修了。電通再入社。
第五連絡局、国際連絡局勤務を経て、電通コーポレーション・オブ・アメリカ(DCA)執行副社長、
電通ヤング・アンド・ルビカム(DYR)USA執行副社長、
同アジア太平洋リジョナルディレクター、同会長を歴任。
現在、同名誉会長(兼)電通サドラー・アンド・ヘネシー代表取締役会長。
「広告ビッグバン」の本質―21世紀グローバル競争に対応する
九鬼隆義
九鬼隆義
子爵(摂津三田藩主家)
九鬼隆輝 子爵/
福井菊三郎 三井合名常務理事
瀬川美能留(みのる)
瀬川美能留
1906~1991/野村証券社長・会長、最高顧問
瀬川美能留
私の証券昭和史
瀬川美能留の素顔―その先見力・経営力のすべて」永田清寿
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。