近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

ニッカ・竹鶴政孝 系図 (※転載禁止)





“国産ウイスキーの父” ニッカ創業者・竹鶴政孝 「マッサン」 [ニッカ創業までの軌跡]

竹鶴政孝は、明治27年、造り酒屋「竹鶴酒造」を営む父・敬次郎、
母・チョウの三男(9人きょうだい)に生まれた。

この時代の青年の夢は大きく、兄二人は、古めかしい酒造業をきらって別の道に進んだ。
必然的に、政孝が家業を継ぐべく、大正2年、大阪高等工業(大阪大学の前身)の醸造科に入学した。
しかし、そこで洋酒に興味持ち、結局、家業を継ぐことなく、
ウイスキー醸造の道に一生を捧げることとなった。

当時日本の洋酒は、昭和年代まで葡萄酒を除いて、全部イミテーションであった。
洋酒メーカーの第一人者であった大阪・住吉の摂津酒造に入社後、
阿部喜兵衛社長の命で、単身スコットランドへ留学。
日本人で初めてモルトウイスキーの製造技術を学び、
「万年筆とノートで英国の財産を持ち出した男」と言われた。
しかも、お持ち帰りしたのは、それだけではなかった。
英国人の花嫁も連れて帰った。それが、竹鶴リタであった。


新婚の住まいは、阿部社長が、大阪の帝塚山に用意してくれていた。 その近所に住む家主が、
阪神間で土地・不動産を中心に事業を展開していた芝川家6代目当主・芝川又四郎であった。
リタは、芝川家の娘・三姉妹に英語やピアノを教え、
また、その母や関西財界・良家の子女にも英会話を教えることになる。
芝川又四郎は、のち、竹鶴政孝の大きな後援者となる。  [芝川又四郎系図]

政孝は帰国後すぐ、本格ウイスキーの製造計画に取りかかるも、
時悪く、世は第一次大戦後の反動不況の真っ只中であった。
社長の応援はあったものの、全役員の反対に会い、計画は頓挫。
やむなく辞表を提出するに至り、浪人の身となった。
リタは個人教授の他に、帝塚山学院で英語を教え、
政孝は桃山中学で化学の教師に採用された。


しかし数か月後、そこに、三顧の礼をもって、竹鶴政孝を迎える人物がいた。
摂津酒造が、中身の洋酒製造を請け負っていた得意先でもあり、
「赤玉ポートワイン」事業を中心に躍進し、本格ウイスキー造りを目指していた、
寿屋(のちのサントリー)の創業社長・鳥井信治郎であった。 [サントリー 鳥井・佐治家系図]

鳥井は、元々、スコットランドから醸造技師を連れてくるつもりであった。しかし、向うから逆に、
「日本にいい技師がいる、しかも日本人だ」と言われて、竹鶴政孝の元に飛んで来たのであった。


大正12年6月、寿屋に入社。工場の場所は鳥井の意向を入れ、大阪近辺の山崎に選定。
翌13年11月に、竣工式が盛大に行われた。
働き手は郷里の広島から杜氏を十数人呼んで教え込んだ。
そして、昭和4年、初めての本格ウイスキー「白札サントリー」、
その後、普及品の「赤札サントリー」を出すに至った。


昭和6年には、鳥井信治郎の長男・吉太郎が寿屋の後継者として、必要な知識を得るため、
スコットランドをはじめとする欧米の視察旅行に出かけ、案内役として同行した。
政孝にとっては、三回目の英国行きであり、妻・リタの帰郷旅行も兼ねていた。

鳥井吉太郎は、神戸高商卒業後、寿屋を継ぐため、父の仕事を手伝いながら勉強し、
竹鶴政孝の家に同居して生活したこともあり、リタとも親しかった。


私生活に関しては、リタは大阪在住時代、妊娠初期に流産してしまい、
英語教師の仕事が直接の原因であったともいわれる。
以後、身ごもることはなく、子供に恵まれなかった。結婚して10年程のちの昭和5(1930)年、
その年に生まれた女の子の赤ちゃん・房子(改名してリマ)を養女とした。
(政孝の遠縁にあたる女性がお産のあとすぐに亡くなり、乳児院に入っているのを引き取った。)

その後、昭和18(1943)年、竹鶴の甥(姉の子)・威(たけし)と養子縁組し、
終戦の年の20年12月、北海道余市に威を迎え、リタは二人の母親となった。

寿屋では、元々10年の契約で入社していた。常々、自身でのウイスキー造りを標榜していた竹鶴は、
期限のきた昭和7年、退社を申し出たが、鳥井から留保されていた。
そんな折り、郷里の母の死もあり、40歳を前にして、独立を決意。11年勤めた寿屋を退職した。


そして、昭和9年、芝川又四郎、加賀正太郎、柳沢保恵伯爵の後援を得て、
北海道余市に「大日本果汁」を設立。(のち昭和27年、「ニッカウヰスキー」に社名変更)
当面の収益源として、リンゴジュースを製造・販売し、その間、
ウイスキーを育てていくという方針で、事業を開始したのであった。

「マッサン」と呼ばれた男 竹鶴政孝物語

そらのる 1210追加

●竹鶴政孝家系図
竹鶴敬次郎 「小笹屋 竹鶴酒造」蔵元/妻はチョウ。竹鶴政孝の父、四男五女をもうける。長男・甲一、長女・とし、二女・えい、
三女・延代、四女・あやこ、二男・可文、三男・政孝、五女・沢能(さわの)、四男・弥蔵/
竹鶴家は、現在の広島県竹原市で、江戸時代から製塩業で財をなし、
享保18(1733)年に、酒株を得て酒造りを始めたという。
敬次郎の家は分家で、たまたま本家に男子がいなかったため、後見として本家に住み、酒造業を継いだ。
「竹鶴」「春心」という酒を出すかたわら、塩田をつくったり、製糸業を営んだりしていた。
竹鶴可文(よしふみ) 北海道石炭鉱業会長、北海道炭砿汽船常務、鶴商事・三洲商事各社長/
敬次郎二男。竹鶴政孝の次兄/妻は祥子/
九大工学部機械工学科卒/
竹鶴政孝
竹鶴政孝
1894(明治27)~1979(昭和54)/ニッカウヰスキー創業者、会長・社長/“国産ウイスキーの父”/
敬次郎三男。妻・リタはイギリス人(日本に帰化)/
大阪高等工業(阪大の前身)醸造学科、英グラスゴー大応用化学専修各卒/
長兄は、早稲田の商科を出て従兄弟と二人でシンガポールに行き、ゴム栽培の道に進んだ。
次兄もまた酒屋をきらい、忠海(ただのうみ)中から六高に進み、九大工学部を出て、北炭に入社し、北海道へ渡った。
弟も東京の慶應義塾に入学して酒づくりをする気配はまったくなかった。
結局、家業を継ぐのは、政孝しかいなかった。
しかし結局、ウイスキー醸造の道に進み、両親は家業を親戚に譲った。/
大正時代に、摂津酒造・阿部喜兵衛社長の命で、単身スコットランドへ留学(大正7~9年の2年半程)、
日本人で初めてモルトウイスキーの製造技術を学び、「万年筆とノートで英国の財産を持ち出した男」といわれた。
ウイスキーだけではなく、英国人の花嫁も連れて帰国後、鳥井信治郎と共に「寿屋(現・サントリー)」の基礎を築いた。
その後、英国留学時代から世話になっていた柳沢保恵伯爵や、芝川又四郎、加賀正太郎の協力により、
独立し北海道余市で昭和9年、大日本果汁(現・ニッカウヰスキー)を設立した。
後にニッカの大株主となる朝日麦酒の山本為三郎は人材と資金の両面から後援、事業を強固なものにしてくれた。
18年社長、45年会長。“日本のウイスキーの父”といわれる。昭和54年、85歳で死去。
余談であるが、47年札幌冬季五輪70メートル級ジャンプで、金メダルを獲得した笠谷幸生はニッカ社員であった。
(竹鶴は余市にスキーのジャンプ台を造り、「竹鶴シャンツェ」と呼ばれるこのジャンプ台で笠谷は育ち、
後に、長野オリンピックで金メダルを獲得する船木和喜や斎藤浩哉も、ここでジャンプを覚えた。)
■「竹鶴政孝物語~ウイスキーづくりへの気迫と情熱~」、「凛として~ウイスキーの父 竹鶴政孝
竹鶴政孝
琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とリタ ニッカウヰスキー物語」松尾秀助
ヒゲのウヰスキー誕生す」川又一英
竹鶴リタ
竹鶴リタ
竹鶴政孝(マッサン)の妻)/ジェシー・ロバータ・カウン(愛称・リタ)/
大正9(1920)年結婚、昭和36(1961)年、64歳で死去/
スコットランド出身。父・サミュエル・キャンベル・カウン、母・ロビーナ・マクロード・カウン、
二人の妹は、エラとルーシー、弟・ラムゼイの六人家族であった。
父はグラスゴー大学出身の医者。母の祖父・ジョン・ラムゼー・マカロックは著名な政治経済学者であり、
アダム・スミスやデヴィッド・リカードの思想を継承発展させた人物であった。/
子供は、大阪在住時代に流産し、その後、恵まれなかった。
昭和5年に、竹鶴の遠縁の子・房子(改名してリマ/リタの「リ」と政孝の「マ」を合わせて付けた)を、
18年に竹鶴の甥・威を広島で養子縁組した。
養女・リマは、リタと英語で会話ができるバイリンガルに育ったが、養母が白人であることで、
いじめに遭うなどしたらしく、リタとの折り合いも悪くなり、20歳の頃に専門学校へ行ったきり、
親子の親しい関係が結べなくなっていったという。
■「竹鶴政孝とリタ
竹鶴リタ
リタの鐘がなる 竹鶴政孝を支えたスコットランド女性の生涯」早瀬利之
マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウイスキーの誕生」オリーブ・チェックランド
望郷」森瑶子
竹鶴威(たけし) ニッカウヰスキー会長・社長、ニッカ2代目マスターブレンダー/旧姓・宮野/広島県福山市出身/
宮野牧太・延代の4男(6人兄弟)。竹鶴政孝の姉の子(甥)で20歳の時、竹鶴家に養子入り/
妻・歌子は北海道小樽で石炭の荷役会社を経営していた井上貞造の娘。長男・孝太郎、長女・みのぶ/
昭和16年、広島工業専門学校発酵工学科入学、20年9月卒業。12月北海道に渡る。
昭和21年、北大工学部応用化学科入学、24年卒業。同年4月ニッカウヰスキーに入社。
昭和60年社長、63年副会長、平成2年会長、4年会長兼社長、6年会長、8年社長を兼任、11年相談役。
平成26年12月死去。
■「ニッカウヰスキーと私~竹鶴威の回想録~
竹鶴孝太郎 ブランディングコンサルタント、デザイナー/竹鶴威長男/
昭和59年、共同印刷創業者の曽孫・大橋泉と結婚/
ニッカや親会社アサヒビールで商品開発などを担当し、ブランディングコンサルタントとしても活動。
その後、アマナホールディングス入社。在職中に、ヤマサ醤油の新商品名と外観のデザインを担当し、 「鮮度の一滴」と命名、白いパッケージデザインを考案し、ヒットの一翼を担った。
ウイスキーとダンディズム 祖父・竹鶴政孝の美意識と暮らし方
竹鶴寿夫(ひさお) 本家13代目/竹鶴酒造社長、広島県議[自民党/平成7年以来当選3回(「日本紳士録 第80版」平成19年)]/
昭和15年生。阪大卒/
竹鶴政孝のまたいとこの息子 (参照:生誕120周年記念 竹鶴政孝展 「竹鶴家 家系図」)
石渡荘太郎(そうたろう)
石渡荘太郎
蔵相、宮相、貴族院議員、大蔵官僚/
竹鶴政孝の親戚筋にあたる。
大橋佐平
大橋佐平
博文館創業者・初代館主(社長)/
長男・大橋新太郎は博文館2代館主、衆議院議員、貴族院議員
関連系図
大橋光吉
大橋光吉
共同印刷創業者・社長、東京インキ社長/
妻・こうは大橋佐平三女。大橋家に婿養子入り
大橋松雄 共同印刷専務/大橋光吉長男
大橋栄一 共同印刷常務
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
私の履歴書 経済人 11
琥珀色の夢を見る―竹鶴政孝とニッカウヰスキー物語」松雄秀助
リタとウイスキー―日本のスコッチと国際結婚」オリーブ・チェックランド
リタの鐘がなる 竹鶴政孝を支えたスコットランド女性の生涯」早瀬利之
リタの鐘が鳴る―竹鶴リタの生涯」早瀬利之
凜として―日本人の生き方」[品質を追求したウイスキーの父・竹鶴政孝] 産経新聞「凛として」取材班
「現代財界家系譜 第四巻」(昭和45年)常盤書院
「財界家系譜大観」常盤書院
「人事興信録」
「日本紳士録」
「週刊新潮」 [結婚]
スポーツ報知
日経情報ストラテジー 2010年 06月号
ウイスキーとダンディズム 祖父・竹鶴政孝の美意識と暮らし方」竹鶴孝太郎


●参考HP
NIKKA WHISKY