近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

朝日新聞社創業者・村山龍平 系図 (※転載禁止)


朝日新聞社主・村山家系図



朝日新聞社 主要株主(2008年6月6日現在/異動後)
株主名 持株数 発行済株式総数に対する割合
村山 美知子 467,641株 14.61%
上野 尚一 410,255 12.82
朝日新聞社従業員持株会 408,424 12.76
株式会社テレビ朝日 380,000 11.88
財団法人香雪美術館 319,000 9.97
村山 恭平 159,990 5.00
村山 富美子 114,295 3.57
上野 克二 107,000 3.34
上野 信三 107,000 3.34
朝日新聞社役員持株会 47,202 1.48
(参照:「2008年6月6日 朝日新聞社、テレビ朝日による新しい提携の枠組み合意について」)

朝日新聞社創業家・社主家である 村山家上野家は、
ともに、華族と繋がりを持つ。

村山家は、旧和泉岸和田藩主家である岡部子爵家から、
創業者・村山龍平の娘・藤子に、岡部長職三男・村山長挙を婿養子に迎えた。


なお、香雪美術館は、広大な村山邸の敷地内にある。

村山邸
村山邸

そらのる 1210追加

●朝日新聞社社主・村山家系図
村山龍平(りょうへい)
村山龍平
1850~1933/朝日新聞社創業者、社主・社長、衆議院議員、貴族院議員/
号・香雪(こうせつ)/
国学者の子に生まれ、大阪で西洋雑貨店を経営していたが、
明治12年に大阪朝日新聞の創業に際して社主となり、
14年からは上野理一との共同経営で社長となる。
21年には、星亨の「めざまし新聞」を買収して「東京朝日新聞」を創刊、
長谷川如是閑らを招いて、その個性を発揮させ、政論紙からニュース本位の新聞に脱皮させた。
また、販売網の整備に努めた。
31年、東西朝日を経営上合併してから、上野理一と交代で朝日新聞社長に就任。
大正7年の米騒動関係の白虹筆禍事件で社長を一時退任したが、
翌8年、株式会社に改組、以後没年まで社長を務めた。
同紙の経営基盤を安定させるとともに、村山・上野両家の共同所有を強固なものにした。
明治24年から衆議院議員に当選3回、昭和5年には貴族院議員に勅選された。
村山竜平伝」朝日新聞社大阪本社社史編集室
村山長挙(ながたか)
村山長挙
1894~1977/朝日新聞社社主・社長、香雪美術館初代理事長/岡部子爵家・三男/
妻・藤子は村山龍平の娘/号・玉泉(ぎょくせん)/京都帝大法学部政治学科卒/
大正8年、村山龍平の養子となり、その長女・於藤(おふじ)と結婚。
9年朝日新聞社に入社、取締役。
航空部長兼大阪朝日印刷局長、昭和8年会長、15年社長となり、
大阪・東京・名古屋・小倉の4社の称号を朝日新聞に統一、編集総務を設けた。
航空部長時代には、草創期の民間航空の発展に尽力、
朝日新聞社機による東京・大阪間定期航空の開拓、相次ぐ訪欧飛行などを成功させた。
20年11月戦争責任を取って、全役員とともに辞任。
公職追放解除後の26年、社主に復帰。35年社長。
この間、日本新聞協会長2期、朝日イブニングニュース会長、全日空取締役などを歴任。
38年、役員改選などをめぐって、他の重役陣と対立、39年に社長を、40年取締役を退き、
上野淳一とともに社主となった。
占領期の朝日新聞と戦争責任 村山長挙と緒方竹虎」今西光男
朝日新聞外史―騒動の内幕」細川隆元
朝日と読売の火ダルマ時代 改訂版」藤原肇
村山藤子
 (於藤)
村山於藤
1897~1989/香雪美術館2代理事長、朝日ビルディング社長、京葉土地開発取締役、
パリ日本舘社長、新大阪ホテル相談役/村山龍平の一人娘/
学校に通わず、自宅で京大教授らから教育を受けて成長。
子爵家の岡部長挙を婿養子に迎えた。
父の死後は、朝日新聞の社主家として、大きな発言力を持ち、
昭和38年の俗にいう「朝日紛争」をはじめ、朝日新聞社の経営陣と確執を繰り返した。
朝日新聞の紛争と村山於藤」新延修三
村山美知子 長挙長女/朝日新聞社社主、香雪美術館理事長、朝日放送取締役/本名・美知/
村山富美子 長挙次女/朝日新聞社国際本部副部長
村山良介 東邦大医学部教授、麻酔医、美容医学研究所所長、慢性疼痛学会名誉会長/
福井又助二男、村山家に養子入り/
昭和元年生まれ、信州大学松本医科大学(旧制)卒。
文部省在外研究員として2年間、ボストン市立病院麻酔科に留学。
京大医学部助教授、高知女子大学教授をへて東邦大学医学部(麻酔科)教授。
東洋医学の指導医として、ホメオスタシスの応用に関する研究では日本の第一人者。
村山良介
ガンとともに生きる―医師として患者として23年
村山恭平 尚美学園大准教授
岡部長職(ながもと)
岡部長職
司法相/子爵(和泉岸和田藩主家)/
評伝 岡部長職―明治を生きた最後の藩主」小川原正道
岡部長景(ながかげ)
岡部長景
文相/岡部長職の長男、村山長挙の兄/子爵/
妻は加藤高明の娘
岡部長景日記―昭和初期華族官僚の記録
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
人事興信録

●参考HP
新聞が報道しない「朝日新聞社とテレビ朝日の資本・業務提携」の゛舞台裏゛