近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

出光興産・出光佐三 系図 (※転載禁止)





海賊とよばれた男・出光佐三(さぞう)


出光興産創業者である出光佐三は、第二次大戦の敗戦で、資産のほとんどを失った。
(戦前、既に、多額納税者であり貴族院議員を務めていた。)

戦後、既に還暦を迎えていたが、改めて会社を建て直し、国際石油資本に抗しながら、
民族資本、民族経営を貫き、今日の大企業へ発展させた。

出光佐三をモデルにした「国岡鐵造」が主人公の、百田尚樹・著「海賊とよばれた男」は、2013年本屋大賞を受賞した。
それまでも、出光佐三の会社・ビジネス面を中心とした評伝等はいくつかあった。
違った側面、家族的な側面からは、四女である映像作家・出光真子(まこ)の著書で垣間見る事が出来る。


なお、系図上には、推理作家・夏樹静子や、辻野晃一郎元グーグル日本法人社長なども登場。

出光興産歴代社長
1 出光佐三 1940~1966年
2 出光計助 1966~1972年
3 石田正実 1972~1977年
4 大和勝 1977~1981年
5 出光昭介 1981~1993年
6 出光裕治 1993~1998年
7 出光昭 1998~2002年
8 天坊昭彦 2002~2009年
9 中野和久 2009~2013年
10 月岡隆 2013~

そらのる 1210追加

●出光(いでみつ)佐三家系図
出光藤六 藍玉問屋/妻・千代。六男二女をもうける。出光佐三の父
出光雄平 東京海上火災代理店経営/出光藤六長男。佐三の兄/
妻・カズエ。子は一、裕治、花恵、義子/
油類販売業自営を経て代理店経営。
出光一 日章興産専務、出光石油化学
出光裕治(ゆうじ) 出光興産第6代社長/
妻・陽子/子は出光聡(出光興産)、晋/
九大法文学部卒/
諏訪四郎 出光興産
大和菊太郎 妻・きくは出光藤六長女。佐三の姉/
子は堯、勝
大和勝
(やまと まさる)
1910~2008/出光興産第4代社長、副社長/大和菊太郎・きく次男/
子は義行、大和晴夫(出光興産)
出光佐三(さぞう)
出光佐三
1885(明治18)~1981(昭和56)年/出光興産創業者・初代社長、出光興産店主、出光美術館創設者、
貴族院議員、門司商工会議所会頭/出光藤六二男(8人きょうだい)/
神戸高商(現・神戸大)卒/
先妻・城戸崎ケイは福岡県築上郡宇島(現・豊前市)の素封家の娘。
子供が生まれず、大正15年、結婚11年で協議離婚。
後妻・靖子(前名・菊枝/明治35年生)は高知県士族・山内豊幸養女。
『昭和2年、再婚する。相手は土佐藩主だった山内家の一族、山内靖子。
(「出光佐三 反骨の言魂 日本人としての誇りを貫いた男の生涯」より)』
靖子との間に、一男四女をもうける。
子は昭介、孝子、哥代子(東京女子大卒/夫は松本道雄)、純子、真子。
出光佐三
私の履歴書 経済人 1」日本経済新聞社
出光佐三 反骨の言魂 日本人としての誇りを貫いた男の生涯」水木楊
海賊とよばれた男(上)」百田尚樹
海賊とよばれた男(下)
出光昭介 出光興産第5代社長、出光美術館理事長/出光佐三長男/
妻・千惠子。二男一女の父/
ハーバード大中退/
出光正和 出光興産大株主、出光美術館評議員/出光昭介長男
出光正道 出光興産大株主、出光美術館評議員/昭介次男
出光佐千子 青山学院大学准教授、出光美術館理事・学芸員/昭介長女/
専門・近世絵画史/
出光孝子 画家/出光佐三長女/日本女子大卒/
東野芳明と結婚するも離婚。20年余り、パリで画家を志すも、生前世に出ることなく体調を崩し帰国。
東野芳明
(とうの)
東野芳明
美術評論家、多摩美術大教授/
東野芳明
虚像の時代 ---東野芳明美術批評選
出光純子 元フィギュアスケート、アイスダンス選手、「日本アイスダンス界のゴッドマザー」/出光佐三三女/
別所敬之と結婚。のち小林宏と結婚。/
日本のアイスダンス黎明期の名選手。高校時代は、国体やインターハイで活躍。
1965年に全日本選手権で優勝(別所純子/パートナー・別所敬之)。
現役引退後、出産などで約6年間スケート界から離れている間、
アイスダンスの選手がほとんどいなくなり、審判をしながら一から選手を育成・支援。
出光真子(まこ) 映像作家/出光佐三四女/早大文学部卒/
父・出光佐三は東野芳明の紹介で、サム・フランシス作品のコレクターであった。
1966年サム・フランシスと結婚。父の逆鱗にふれ勘当されるも、子供が誕生した事により勘当は解かれる。
アメリカ在住で二男をもうけるも離婚。のち日本人商社マンと再婚。/
『私の父は九州出身で男尊女卑の考えが背広を着たような人。
家では、女は自分の思い、考えなどを口にすることを禁じられていたし、
それ以前に考えることなど無用だと、私は教えられて育った。
多忙で、年に数えるほどしか家族と食事をしなかったが、彼の話はおよそ
「女、子ども」に聞かせてもしようがない経営哲学だとか、人生訓などだったが、
悲しいかな、彼の五人の子どものうち、男はいちばん上のひとりきりだった。
私より15歳上の兄は、私が父の食事中の談話を記憶できる歳にになったころには、もう家にいなかった。
そこで、父は「女、子どもには分からない・・・・・・」と言いながら、男向けの話を私たち姉妹にする。
(「ホワット・ア・うーまんめいど ある映像作家の自伝」)より所々抜粋』
出光真子(映画作家)インタビュー
出光真子
ホワイトエレファント
表現する女たち―私を生きるために私は創造する」三木草子、レベッカ・ジェニスン/編
サム・フランシス
サム・フランシス
抽象画家/生涯5度の結婚。出光真子は4人目の妻/
山内豊幸 香港駐在防疫官
真武周三 出光興産/妻・たまは出光藤六二女。佐三の妹/
真武哲弥 アポロサービス社長、出光興産
吉原佳月 吉原包装社長/出光藤六三男/
妻・千代は吉原栄太郎の娘。吉原家に婿養子入り
吉原克治 日本コンテナー社長
出光弘 新出光石油(現・新出光/石油製品販売業)創業者・初代社長、福岡大学理事長/
出光藤六四男/妻・シカ(父・武末富次郎)/
子はチエ子、洋子、丈夫、豊、弘明、芳秀/
若杉健太郎 新出光相談役/妻・チエ子は出光弘長女。三男をもうける。/
三男・若杉佳昭(新出光)
辻野坦(ひろし) 三菱化成顧問、菱化軽金属工業社長、日経連常任理事/
妻・洋子は出光弘二女/
東大法学部政治学科卒/
アルミニウム製錬史の断片」グループ38
辻野晃一郎 アレックス社長・CEO、グーグル日本法人社長(2009年1月~10年4月)、ソニー勤務/
辻野坦長男。母・辻野洋子は出光佐三の姪/
慶大工学部大学院卒/
ソニーでパソコン「VAIO」を育てる。2006年3月ソニー退社。
07年4月グーグル入社。09年1月、日本法人社長。10年4月退社。
10年10月、アレックス創業。
プロフェッショナルインタビュー 辻野晃一郎
辻野晃一郎
成功体験はいらない
グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた
出光丈夫 出商代表取締役/出光弘長男
出光豊 新出光相談役、会長、社長/出光弘二男
出光泰典 新出光社長/出光豊長男
出光弘明 出光興産/出光弘三男
出光芳秀 新出光会長、社長/出光弘四男
夏樹静子
夏樹静子
作家、推理作家、脚本家/本名・出光静子。旧姓・五十嵐/
夫は出光芳秀/
慶大英文科卒/
夏樹静子
Wの悲劇
妻たちの反乱―夫は、この現実を知らない
出光秀一郎 俳優(劇団青年座出身)/
出光芳秀・夏樹静子長男
出光泰亮(たいすけ) 出光興産監査役・顧問、愛知県石油販売社長、出光商会名古屋支店長/出光藤六五男/
妻・千代子(父・松野茂介)。子は礼子、鎮子、立恵
出光計助 1900~1994/出光興産第2代社長、日満商事理事、満鉄/出光藤六六男/
妻・キミ(父・杉田定助)/
東京商大(現・一橋大)卒/
出光謙介 出光興産厚生年金基金理事長、大和銀行勤務/出光計助長男/
妻・慶子は熊谷三郎四女
熊谷三郎 愛媛大学長、阪大教授/
長男・信昭、二男・貞俊
出光昭 出光興産第7代社長、住友銀行勤務/計助次男/
妻・綾子/一男二女の父。長男・出光昭一(出光興産)/
東大経済学部卒/
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
日本の財界と閨閥―“伝統と創造”に生きる企業人の素顔」大森映
日本の上流社会と閨閥」早川隆
創業家物語世襲企業は不況に強い」有森隆
日本の15大同族企業」菊地浩之
出光佐三 反骨の言魂 日本人としての誇りを貫いた男の生涯」水木楊
石油王出光佐三 発想の原点―大不況下に“人こそ資本”を貫く経営哲学」堀江義人
私の履歴書―昭和の経営者群像〈5〉」日経
海賊とよばれた男(上)」百田尚樹
海賊とよばれた男(下)」百田尚樹
映像メディア作家人名事典」日外アソシエーツ
ホワット・ア・うーまんめいど ある映像作家の自伝」出光真子
「財界家系図」
「財界家系譜大観」
「人事興信録」
「大衆人事録」
「財界人物選集」
日経新聞
産経新聞
読売新聞


●参考サイト
コトバンク