近現代・系図ワールド
政治家系大事典

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

山岡賢次~山岡達丸 系図 (※転載禁止)





作家・山岡荘八(新潟県出身/山岡賢次義父)と新潟人脈

山岡荘八・母方(山内家)曽祖父の兄の娘が、博文館・大橋新太郎に嫁ぎ、 父(梅田家)の末妹の長女が、東京堂・大野孫平(大橋新太郎従弟)に嫁いだ。
これらは、簡単に言えば、同じ出身地である新潟人脈であろう。

そらのる 1210追加

●山岡賢次家系図
山内庄蔵(初代) 製糸業/山岡荘八の母方高祖父
柳沢権三郎 製糸業/2代山内庄蔵の庶兄/
小出島(新潟県)の横町にある大黒屋弥兵衛に婿養子入り/
初代山内庄蔵の製糸業を継ぎ、俗称“大弥”という製糸業で大成した。
娘・やまが博文館館主・大橋新太郎の先妻
柳沢弥平 製糸業、地主/やまの兄
柳瀬万吉 金融業/柳沢権三郎三男、柳瀬家に養子入り/やまの兄
大橋佐平
大橋佐平
博文館創業者・初代館主(社長)
大橋新太郎
大橋新太郎
博文館2代館主、衆議院議員、貴族院議員/大橋佐平長男
大橋進一 博文館3代館主/大橋新太郎長男
大野金太郎 博文館支配人
大野孫平
大野孫平
東京堂社長・会長/大橋佐平の妻・松子の甥(妹・ヨセの長男)/
妻・佐喜辺は角屋貞造長女。妻の次妹は、同じ小出町(新潟県)の柳瀬家へ嫁いだ。
柳瀬家は“大弥”同様、相当大きく製糸業をやっていた。
角屋貞造 角屋(すみや)家は代々医者の家系
角屋正隆 東京出版販売(現・トーハン)社長・会長/大野孫平の妻の末弟
山岡荘八
山岡荘八
1907~1978/作家・小説家/本名・藤野庄蔵、旧姓・山内(やまのうち)。新潟県出身/
父・山内太郎七(婿養子)、母・せい、祖父・山内熊吉、曽祖父・山内庄蔵(2代)/
昭和8(1933)年、雑誌編集者だった藤野秀子と再婚。藤野家に婿養子入り/
17歳で印刷製本業・三誠社を創立。
昭和8年「大衆倶楽部」を創刊し編集長に。
9年同誌に発表した「佐渡の紅葉山人」から、山岡荘八の筆名を用いる。
13年時代小説「約束」が第23回サンデー毎日大衆文芸に入選。
15年長谷川伸の新鷹会に加わる。
戦時中は従軍作家として各戦線をまわり、時局的な小説を発表。
戦後公職追放、25年解除。同年より大作「徳川家康」(全26巻)に取りかかり、17年の歳月を費やしてこの大河小説をまとめる。
以来、歴史小説を中心に幅広い活躍を示した。
他の主な著書に「千葉周作」「織田信長」「新太平記」「春の坂道」、「山岡荘八全集」がある。
また、自衛隊友の会会長を長く務めた。
山岡荘八
徳川家康(1) (山岡荘八歴史文庫)
藤野秀子 山岡荘八の後妻/ペンネーム・山岡道枝
山岡賢次
山岡賢次
衆議院議員、参議院議員、山岡荘八秘書、安田生命社員/昭和18年生/
妻・稚子(わかこ/後に改名して秀江)は山岡荘八養女。
(「山岡荘八全集36」[山岡荘八詳細年譜]より)/
旧姓名・金子賢二。昭和45年、26歳で結婚。山岡(本姓・藤野)家に婿養子入り/
『藤野庄蔵となった(山岡)壮八は、再婚後、子宝に恵まれず、後妻の親類である稚子氏を養女として迎え入れる。
その稚子氏の婿に入ったのが、「東京・本駒込のミシン屋の息子」(ミシン屋元従業員・談)だった金子賢二氏。』
(週刊新潮2011年10/13号より)/
慶大法学部政治学科卒/
2012年衆院選で落選(日本未来の党)。
2013年参院選で比例区より出馬するも落選(生活の党)。
山岡けんじ オフィシャルWeb
遣稿山岡荘八自伝
いまなぜ家康か―父・山岡荘八と徳川家康
山岡達丸 衆議院議員(民主党)、NHK記者/山岡賢次三男/
2009年衆院選、比例代表北海道ブロックより出馬(民主党)、当選。
2012年衆院選、北海道9区より出馬するも落選。
山内一史(ひとし) 山岡荘八先妻(離婚)との間の一人息子。/昭和6年生、明大英法科卒。平成12年没/
山岡荘八が藤野家・婿養子となったため、祖母・山内せいに養子入り。
長男・山内幹雄ら3子をもうける。
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

政治家系大事典
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 系図でみる近現代
近現代・系図ワールド
華族一覧
TVドラマ相関図
タカラヅカ人脈
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
遣稿山岡荘八自伝」山岡賢次/編
いまなぜ家康か―父・山岡荘八と徳川家康」山岡賢次
大橋佐平翁伝」坪谷善四郎
出版人物事典―明治-平成物故出版人」鈴木徹造
新訂 作家・小説家人名事典」日外アソシエーツ
週刊新潮
大正名家録
財界家系図
人事興信録


●参考HHP
日本書店商業組合連合会「本屋さんへ行こう!」 [トーハン元社長・角屋氏「お別れの会」に905名参列]

●花本さまより追加情報をいただきました。
山岡荘八全集36 短篇名作集」[山岡荘八詳細年譜]