近現代・系図ワールド
政治家系大事典

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

山花郁夫 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●山花郁夫家系図
山花秀雄
山花秀雄
衆議院議員(社会党)、参議院議員、社会党副委員長、労働運動家/東京/
浜山高小卒/
大正10年、友愛会神戸合同労働組合に加入、13年東京合同労働組合に移り、15年労働農民党に入り、以後、日本労働組合協議会、全国労農大衆党などに参加し、合法左翼の道を一貫して歩む。
昭和12年、日本無産党中央執行委員、同年人民戦線事件で検挙・投獄される。
21年、総同盟第1回全国大会で中央委員、23年副会長。
全国化学産業労働組合同盟会長。総評結成にも参画。また日本社会党結成に参加、社会党中央執行委員、教宣局長などを歴任し、43年党副委員長、のち党顧問。
21年衆院議員、25年参院議員に当選。通算、衆院議員9期、参院議員1期を務めた。
山花秀雄回顧録―激流に抗して六〇年
山花郁子 児童文学作家、評論家/山花貞夫の姉/
昭和28~30年衆院議員秘書を務め、40年から調布市役所、図書館、婦人会館、児童会館等に勤務、調布市立西部公民館長、調布市教育委員を歴任。
著書に「USSRの小さな旅」「わかれ道おもいで道」「わたしのブックトーク」「おじいちゃんのめだまやき」などがある。
山花郁子
あいうえおひさまようちえん
お年よりと絵本でちょっといい時間―老人福祉施設での読みきかせガイド
山花貞夫
山花貞夫
衆議院議員(民主党、社会党)、政治改革担当相(細川内閣)、社会党委員長、弁護士/東京/
中央大学法学部卒/
25歳で弁護士となり、総評弁護団の一員としてもっぱら労働、公安事件を手がける。
昭和51年、社会党から衆院議員に当選。党中執委員、副書記長などを歴任。
党内でのポジションは純粋中立で、“市民派”感覚の持ち主。
平成3年書記長を経て、5年委員長に就任するが、同年の東京都議選で敗北。
続く総選挙でも公認70議席という歴史的敗北を喫し、新生党、日本新党、公明党などと共に7党1会派の非自民連立政権を樹立、政治改革担当大臣となるが、選挙の責任を取って委員長を辞任した。
6年8月社会党内に発足した中間・右派グループ・新民主連合の会長となる。
7年離党して、民主の会を結成。8年市民リーグ結成。同年民主党に参加。
衆院議員を8期務めた。共著に「選挙法全書」など。
山花貞夫
山花郁夫 衆議院議員(民主党)/東京/
立命館大学法学部卒/
2012年衆院選で落選。
山花郁夫オフィシャルウェブサイト
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

政治家系大事典
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 系図でみる近現代
近現代・系図ワールド
華族一覧
TVドラマ相関図
タカラヅカ人脈
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
「政界・官庁人事録」
「ズバリわかる 自・社連立政権政治家・官僚人脈地図」大宮 研一郎+グループB