近現代・系図ワールド
政治家系大事典

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

渡部恒三 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●渡部恒三家系図
渡部又左衛門 南会津郡郡会議員/渡部恒三祖父/
渡部家の当主は、代々「又左衛門」を名乗る。
渡部又左衛門 福島県議、田島町長を兼任/渡部恒三父
渡部又左衛門 田島町長/先代又左衛門長男、渡部恒三長兄/
南会津郡田島町(現・南会津町)の町長を二期務めた。
渡部恒三
渡部恒三
衆議院議員(民主党)、衆院副議長、通産相、福島県議/
早大第一文学部卒、早大大学院修士課程修了/
祖父は早稲田大学前身の東京専門学校の第一回卒業生。父は早稲田実業学校出身/
福島県南会津郡田島町(現・南会津町)の35代続く旧家に、昭和7年、男3人女3人の6人きょうだいの末っ子として生れた。
本名は「恒蔵」。のちに県議選に出馬する際、画数が少ない「恒三」に改名した。
渡部家は味噌醤油醸造業をはじめ、製糸、発電、銀行まで手広く営む地方の名家だったが、三男である恒三が生まれた昭和7年は、東北地方が凶作に見舞われた年で、製糸業は破産、田島電力は吸収、田島銀行も破産するといった苦境に追い込まれていた年であった。
1歳の時、生母は亡くなり、4歳の時、父の後妻・喜伊(キイ)が継母となった/
福島県議を2期務め、昭和44年衆院議員に当選。以来、連続14回当選。
渡部恒三
渡部二三子 歯科医/旧姓・斉藤。祖父は郡会議員、父・斉藤四朗は建築会社経営/
昭和36年、元福島県知事・松平勇雄夫妻を仲人に渡部恒三と結婚。
渡部恒雄 東京財団政策研究事業ディレクター(外交・安全保障担当)兼上席研究員/恒三長男/
テレビ朝日「サンデープロジェクト」レギュラーコメンテーターを務めた。
「今のアメリカ」がわかる本
佐藤雄平 福島県知事、参議院議員(民主党)/渡部恒三の甥/
渡部恒三の姉・昌子と佐藤昌平(しょうへい/2014年10月死去)の長男/
神奈川大学経済学部卒/
平成10年以来、参議院議員に2回当選、18年11月、福島県知事に当選。
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

政治家系大事典
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 系図でみる近現代
近現代・系図ワールド
華族一覧
TVドラマ相関図
タカラヅカ人脈
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
人間政治家 渡部恒三」豊田行二/著
人間・渡部恒三―政界再編の鍵を握る男」大下英治
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
スバリわかる!日本の政治家・官僚人脈地図」大宮研一郎+グループB
政界・官庁人事録
「週刊読売」1997年6/8号 [政治家の妻たち]
「週刊文春」2012年10/11号[新・家の履歴書/渡部恒三]
人事興信録
日経新聞