近現代・系図ワールド
政治家系大事典

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

松野頼久 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●松野頼久家系図
野田卯太郎
野田卯太郎
曽祖父/衆議院議員、逓信相、商工相、福岡県議、実業家/
自由党に入党。明治18年福岡県議を経て、30年衆院議員に当選、政友会創立に参加。
のち幹事長、院内総務、副総裁などを歴任し、大正7年原内閣の逓相、13年第1次加藤高明内閣の商工相などを務める。
また三池紡績社長をはじめ、三池土木、三池銀行などの重役を兼任、福岡県財界の第一人者となり、中央新聞社社長、東洋拓殖副総裁を歴任している。
俳句は角田竹冷に学び、句集に「大塊句選」がある。
野田大塊伝―伝記・野田卯太郎」坂口二郎
古市公威(こうい/きみたけ)
古市公威
日本近代土木の祖/東京帝大名誉教授、土木学会初代会長、京釜鉄道総裁、逓信次官、貴族院議員/男爵/
姫路藩士の家に生まれ、明治3年大学南校の貢進生となり、フランス語を修得。
8年パリ大学理科に留学。13年内務省土木局に入省。
19年帝大工科大学教授兼学長になり、21年わが国最初の工学博士。
23年土木局長に任じられ、同年勅選貴族院議員。
その後、内務省初代技監、逓信省総務長官兼官房長・鉄道作業局長官・京釜鉄道会社総裁・韓国総監府鉄道管理局長官等を歴任。
36年東京帝国大学名誉教授。大正3年土木学会初代会長。
さらに理化学研究所長、万国工学会議会長などを歴任。8年男爵を授けられ、13年枢密顧問官となった。
また、日仏協会・日仏会館理事長も務め、日仏文化交流に尽力した。
東京大学構内に銅像がある。
古市公威アーカイブス
古市公威
古市公威とその時代
土木技術の自立を築いた指導者たち―井上勝・古市公威・沖野忠雄・田辺朔郎・広井勇
国土を創った土木技術者たち」国土政策機構/編
野田俊作
野田俊作
参議院議員(自民党)、衆議院議員(政友会)、福岡県知事、貴族院議員/
東京帝大経済科卒/
満鉄東京支社庶務課長を経て、大正13年以来衆院議員当選6回、政友会に属した。
鉄道参与官、司法政務次官、政友会総務を歴任。
その間朝鮮紡織、満州製麻、電通各取締役、西日本新聞社監査役を務めた。
戦争中は議席を離れ、戦後、昭和21年勅選貴族院議員から福岡県知事となった。
22年第1回以来、参院議員当選3回、緑風会、のち自民党に属し、参院外務委員長を務めた。
松野長八 曽祖父/城北村(熊本県菊池郡)村長、郡会議員・議長、村会議員
松野鶴平
松野鶴平
祖父/参議院議員・議長、衆議院議員、鉄道相/
城北学館中退/
地方政界を経て、大正9年以来、戦前の衆院議員に連続7回当選し、
政友会鳩山派に所属して内務政務次官、政友会幹事長、米内内閣の鉄道相などを歴任。
この間、昭和7年の総選挙では選挙参謀を務めたが、466議席中、
政友会議員304人を当選させて“選挙の神様”と言われた。
戦後は日本自由党の結成に参加して党総務となり、21年5月に鳩山一郎総裁が公職追放となったため、後任に吉田茂を推して拒まれると、深夜に塀を乗り越えて吉田に面会し、“金のことでは迷惑はかけぬ”と
くどき落としたというエピソードの持ち主で、自らも追放中の身ながらキングメーカーとして吉田政治に関与。
解除後の27年に参院議員当選、31年には議長となって吉田ワンマン体制を支えたが、同年6月新教育委員会法案の採決の際は、混乱状態の参院本会議場に警官隊を導入、議会史に暗い記録を残した。
寝業師として知られ、この間、吉田派と鳩山派の抗争では仲裁役をつとめて30年の保守合同への橋渡しをするなど、戦後政治のプロデューサーでもあった。
松野鶴平伝」酒井健亀
松野頼三(らいぞう)
松野頼三
父/衆議院議員(自民党)、総務長官、農相、政治評論家/鶴平三男/
次兄・松野良助は日本テルペン化学社長/
慶応大学法学部政治学科卒/
戦後、吉田首相の秘書官を務め、昭和22年衆院議員に当選。
厚生政務次官などを経て、33年総理府総務長官、労相、佐藤内閣で、40年防衛庁長官、翌年農相を歴任。
総裁派閥・佐藤派の五奉行の一人に数えられた。
自民党屈指の政策通としても知られ、党選挙制度調査会長時代には、衆議院の小選挙区比例代表制や参院全国区比例代表制を建議した。
49年の三木内閣発足後は、党政調会長、総務会長に就任。
挙党協の“三木降ろし”の矢面に立ち、クリーン三木を守った。
54年航空機疑惑事件で日商岩井から5億円を受領していたことがわかり、道義的責任を問われて辞任。
55年衆院選に無所属で立ち、当選。58年自民党に復党した。
通算15期。無派閥。平成2年落選。
引退後は、政治評論家としても活躍、細川護煕や小泉純一郎首相の指南役とも言われた。
松野頼三
保守本流の思想と行動―松野頼三覚え書
松野頼久(よりひさ) 衆議院議員/
慶大法学部政治学科卒/
平成24年9月、民主党を離党し「日本維新の会」へ参加。
12月の衆院選は比例九州ブロックで復活当選、5選。
松野頼久 オフィシャル ホームページ
山口武夫 山口美術印刷社長/
次女は旧五摂家の一つ九条家に嫁ぐも、日ならずして離婚。
山口武矩 山口美術印刷常務/武夫長男/
先妻・晴子(早世)は松野頼三長女(頼久異母姉)
山口雅也(まさなり) 山口美術印刷代表取締役/武夫二男/
妻・美代子は楢橋渡二女(進の妹)
楢橋渡
楢橋渡
衆議院議員、運輸相、内閣書記官長/
妻・文子は菊竹熊太郎長女/
終戦直後、日本の上流夫人たちはGHQの高官をパーティに招き、
ご機嫌を取り結んだが、そんなパーティの一切をきり回していたのが、当時、書記官長(現在の官房長官)夫人の楢橋文子だった。
『“久留米小町”と言われた文子さんが同郷の渡氏と結婚したのは十七歳の時。
家は肥料問屋で、父親は福岡県議も務めた。
片や渡氏は貧農の出だが、十九歳で弁護士になり、フランスに留学した俊才。
彼女の家の相続問題を処理したのが縁だった。』
(週刊新潮 昭和63年5/26 [墓碑銘] 「美貌と才気を謳われた楢橋渡夫人の波瀾万丈」より)
楢橋進
楢橋進
衆議院議員/楢橋渡長男/
姉・和子の夫は加賀美秀夫(外交官、国連大使)
菅原謙次
菅原謙次
俳優/
妻・芙美恵は山口武夫長女(武矩の妹)
塚田十一郎(じゅういちろう)
塚田十一郎
参議院議員、衆議院議員、新潟県知事、弁護士/
東京商科大学(現・一橋大学)卒/
東京外国語大学、鹿島組を経て、昭和21年から連続8期、衆院議員に当選。
その間、郵政相、自治相、行管庁長官を務め、36年、新潟県知事。
41年、贈賄事件で辞任した後、43年から通算3回参院議員に当選。
解説新改正税法
塚田徹 衆議院議員(自民党)/妻・元子は松野頼三次女(頼久異母姉)/
日本大学法学部政治経済科卒/
(株)光陽商事社長を経て、昭和38年、衆院議員初当選以来通算3期。
衆院内閣常任委員会理事、日本ユネスコ国内委員、自民党政調内閣部会副部会長等を歴任。
52年建設政務次官を務める。
塚田一郎 参議院議員(自民党)/塚田十一郎五男/
中央大学法学部卒/
つかだ一郎HP
村山志保 FMながおかラジオパーソナリティ、新潟テレビ21アナウンサー
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

政治家系大事典
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 系図でみる近現代
近現代・系図ワールド
華族一覧
TVドラマ相関図
タカラヅカ人脈
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
「世襲」代議士の研究市川太一
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
政界・官庁人事録
細川・小沢政権陰陽のバランスが崩れるとき」松野頼三/著
週刊新潮
人事興信録
政官要覧


●参考サイト
土木学会附属土木図書館

●花本さまより情報で、ご協力いただきました。
週刊新潮 1998.4.30・5.7号