近現代・系図ワールド
政治家系大事典

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

石破茂 系図 (※転載禁止)

●石破茂家系図
石破二朗
(いしば)
石破二朗
父/参議院議員(自民党)、自治相、鳥取県知事、内務官僚、建設事務次官/
東京帝大法律学科卒/父・石破市造は村長/
昭和7年内務省入省、厚生事務官や陸軍司政官を経て、昭和25年建設省に入り、 30年事務次官。
33年鳥取県知事に当選、以後4期15年余にわたって“石破県政”を築いた。
49年に当時の田中角栄首相の懇請で参院選に出馬して当選2回。
55年鈴木善幸内閣の自治相となるが、同年暮れにすい臓結石の手術を受け辞任。
石破二朗
石破茂
石破茂
衆議院議員(自民党)、農水相・防衛相/妻・佳子は中村明二女/
慶大法学部卒/
石破しげるオフィシャルサイト
石破茂
自民党の底力」小泉純一郎、石破茂、ほか
国防
軍事を知らずして平和を語るな
中村明 昭和電工取締役/平成21年6月7日死去。
金森通倫(つうりん/みちとも)
金森通倫
牧師、神学者/本名・金森正訓/
妻の小寿(こひさ)は神戸女学院の第一期生で、山陽女学校の創立者のひとり/
熊本バンド」のひとりで、先頭を切って同志社英学校に入学。
明治9年12月3日に新島襄から受洗する。
同志社卒業後、岡山教会牧師、同志社神学科教授、校長などを歴任して明治23年退職。
番町教会牧師となって、24年「日本現今之基督教並ニ将来之基督教」を刊行するが、1年たらずで番町教会を去り、その後自由党、三井鉱山、東京米穀取引所に関係し、33年から大正3年にかけて内務省、大蔵省の嘱託となる。
のち救世軍に入って伝道活動を続けた。
金森通倫
同志社山脈―113人のプロフィール」同志社山脈編集委員会/編
金森太郎 東北船渠社長、徳島・山形県知事、内務官僚/通倫長男
金森太郎
金森次郎 山之内製薬取締役/通倫二男
金森五郎 郡山精神病院長/通倫三男
金森九郎 東大工学部教授/通倫四男
東ヶ崎潔
(とうがさき)
ジャパンタイムズ会長、国際基督教大学理事長/
妻・三寿は通倫長女
柴田徳衛(とくえ)
柴田徳衛
東京都立大教授、東京経済大教授、経済学者、都市問題研究家/
妻・恵美子は東ヶ崎潔の長女/
大蔵省に勤務後、昭和24年東京都立大学助手となり、26年から2年間コロンビア大学に留学。帰国後、都立大教授。
のち美濃部都知事に請われ都庁入り。46年企画調整局長、49年理事兼公害研究所所長を歴任。55年東京経済大学教授に就任。
著書に「日本の都市政策」「都市と人間」など。
柴田徳衛
東京問題
明日への東京宣言―都民の都民による都民のための都政
浜健夫(たけお) 明治学院大教授、日大教授、理学博士/
妻・寿々枝は通倫五女/
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

政治家系大事典
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 系図でみる近現代
近現代・系図ワールド
華族一覧
TVドラマ相関図
タカラヅカ人脈
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





●「家系図画像」無断転載・盗用者に関して
このページの家系図画像を無断転載・盗用している一部の心無い人がいます。
ネットの世界で、無断でしても良いのは、ページへのリンクのみです。
(リンクを拒否している場合は、その限りではありません。)

当然、無断転載・コピペ盗用は、完全な犯罪で著作権法違反です。
当ページと同様の家系図画像をお見かけの時は、ルール・マナーを守らない違反ページと認識して下さい。

参考文献
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
政界・官庁人事録
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
日本紳士録
人事興信録


参考サイト
歴史が眠る多磨霊園

花本さまより、追加情報いただきました。