近現代・系図ワールド
政治家系大事典

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

林芳正 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●林芳正家系図
林平四郎 1857~1941/衆議院議員[当選2回(第12・13回)/新政会]、貴族院議員/
漢学を修めた後、奥小路町会議員、下関市会議員、同参事会員、山口県会議員を務め、 徴兵参事会員、所得税調査委員、破産管財人、田中町郵便局長心得となる。
また、醤油醸造業を営み、下関商業会議所議員、同会頭・ 関西汽船・朝鮮勧農各(株)取締役、長州鉄道・下関米取引・山陽電気軌道・ 下関倉庫・下関瓦斯各(株)社長となる。昭和16年12月11日死去。
( 「激動の日本政治史―明治・大正・昭和歴代国会議員史録」より)/
割烹旅館「春帆楼(しゅんぱんろう)」といえば、日清戦争終結時の講和会議の舞台となり、 下関条約(1895年)が締結された場所。大正時代に経営者の死去で廃業の危機に陥った時、 救いの手を差し伸べ15万円(現在の数億~10億円相当)で買い取ったのが、林平四郎。
運営体制を一新し経営を再建、日清講和の記念碑を建立、歴史的建造物の保存に私財を投げ打った。
他にも、社会貢献に熱心に取り組んだ。県立盲学校に寄宿舎を寄贈したり、 市道整備のため私有地を率先して提供したりするなどした。新規事業にも参入、 1915年に下関瓦斯(山口合同ガスの前身)、24年に山陽電気軌道(サンデン交通の前身)を創業した。
こうしたファミリー企業はその後、本業の醤油醸造業を上回る規模に成長した。
関連本:林平四郎
中村隆一 日立金属初代社長/林佳介実兄
林佳介(よしすけ)
林佳介
衆議院議員[当選1回(第21回)/日本進歩党]、サンデン交通、山口合同瓦斯、下関倉庫各社長/
子は義郎、章、孝介、泰四郎、堯子/
東京帝国大学英法科卒/
大正13年、東京帝大卒業後、陸軍歩兵中尉となり、支那事変に従軍。
昭和17年、衆議院議員に当選。戦後20年下関瓦斯、48年下関商業開発、52年山口合同瓦斯の社長を歴任。
この間、22年から56年までサンデン交通社長、45年から59年まで下関商工会議所会頭を務めた。
林義郎
林義郎
衆議院議員(自民党)、蔵相、厚相、通産官僚/林佳介長男/
子は芳正、千恵子、玲子、哲郎(東大卒、三井物産勤務)/
東大法学部卒/
通産省に入り、産業機械課長から昭和44年衆院議員に当選。
以来、当選11回。経企、大蔵の政務次官などを経て、57年中曽根内閣の厚相に就任。
党内で有数の政策通といわれ、国際経済問題に詳しい。
平成元年、自民党総裁選に立候補したが敗れた。
4年宮沢改造内閣の蔵相。代々、政治家の家柄の生まれ。
旧田中派二階堂系、宮沢派、加藤派を経て、堀内派。
厚生行政と私
詳解 入札談合等関与行為防止法」林義郎、逢沢一郎、他
林芳正
林芳正
参議院議員(自民党)、農林水産相・防衛相、三井物産社員/
高祖父・林平四郎、曽祖父・林長五郎、祖父・林佳介、父・林義郎/
宮沢喜一夫妻の媒酌で平成2年結婚/
東大法学部卒/
林芳正<平成デモクラシー>
林芳正
林裕子 山口大学大学院技術経営研究科准教授(特命)、東大先端科学技術センター客員研究員/
林芳正の妻。芳正の妹・玲子とは東大同級生で親友/
東大医学部保健学科で、コンピューターを使った医療統計学を学び、卒業後は、日本IBMでシステムエンジニアとして勤務。
河野泰通 内科医師/河野家6代目。大阪で開業医/林裕子は二女(三姉妹)/
河野家は京都で190年程前から、代々医者の家系。
「醍醐家」の御典医を務めるなどした由緒ある医家。
長尾尚人(ひさと) 経済産業省(旧・通産)官僚/妻・千恵子は林義郎長女(芳正の妹)
俵田明
俵田明
宇部興産創立者・社長/
俵田明伝」宇部興産
俵田寛夫
(たわらだ ひろお)
宇部興産副社長/日石監査役・属(さっか)最吉次男、俵田家に婿養子入り/
妹はピアニスト属澄江、その夫が音楽評論家・属啓成/
三男・武は木戸家に婿養子入り、木戸武となる。
木戸幸一
木戸幸一
内大臣、貴族院議員/侯爵
木戸幸一
木戸孝彦 弁護士/木戸幸一次男
林章 日本航空勤務/林佳介二男/妻・順子は角田吉雄長女/
東大法学部卒/
角田吉雄
(つのだ)
旭ダウ社長、旭化成常務
林孝介 大津屋会長、サンデン交通会長、下関商工会議所会頭/
林佳介三男。林義郎の弟/妻・登季子(旧姓・真田)/
子は俊作、敬介、裕子(ジェトロ勤務)、源太郎(三菱商事勤務)
一橋大経済学部卒/
2012年1月、28年間務めたサンデン交通社長を辞任し、代表権のない会長に就任。
1978年下関商工会議所常議員、92年副会頭、97年会頭、2013年退任。
林俊作 大津屋(醤油醸造業)社長/林孝介長男/
北大経済学部卒業後、全日空で10年間、労務管理などに従事。/
醤油醸造業は林家の家業で、大津屋(下関市)は1717年創業。
「まるそ」の商標を持ち、「馬関地方屈指の富豪」といわれた。2017年創業300年を迎える。
林裕子 大津屋総合企画室長/二井関成長女。林俊作の妻/
商品開発を先頭に立ち担当。
二井関成 山口県知事、自治官僚/
東大法学部卒/
平成8年、山口県知事に当選。4期務め24年退任。
林敬介 宇部興産勤務/林孝介二男/
妻・知子は赤尾嘉文長女
赤尾嘉文 山口放送会長/
昭和62年社長、平成18年会長に就任。
林泰四郎 山口合同ガス会長、西日本液化ガス会長/妻・意美子は布野信忠二女/
1992年山口合同ガス社長、2011年会長に就任。
広瀬正雄
広瀬正雄
1906~1980/衆議院議員(自民党)、郵政相、日田市長/
九州帝大法文学部卒/
広瀬家一門の光彩―淡窓先生を中心として
広瀬貞雄 富士紡績会長・社長/正雄長男
広瀬道貞 テレビ朝日会長・社長、民放連会長、朝日新聞社専務/正雄二男
広瀬勝貞 大分県知事(2003~)、経産官僚(事務次官)/広瀬正雄三男/
妻・堯子は林義郎の妹/
東大法学部卒/
広瀬興貞 興銀証券常務/正雄四男
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

政治家系大事典
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 系図でみる近現代
近現代・系図ワールド
華族一覧
TVドラマ相関図
タカラヅカ人脈
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
「現代政治家人名事典」日外アソシエーツ
激動の日本政治史―明治・大正・昭和歴代国会議員史録
議会制度百年史 (衆議院議員名鑑)
政官要覧
「財界家系譜大観」
「人事興信録」
週刊新潮 [結婚] [結婚記念日]
毎日新聞 地方版/山口
日経新聞 2013年10/28 [200年企業 成長と持続の条件(224)大津屋 醤油を原点に「温故創新」]


●参考サイト
山口新聞