近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

松平定知~磯村尚徳 系図 (※転載禁止)



[系図1]



[系図2 久松松平家]



「NHK」 松平定知と磯村尚徳

松平定知アナウンサーは、かつての“ミスターNHK”磯村尚徳キャスターとの関係や、 自身の出自を、著書負けずにキザですがで、こう語っています。

『私は彼の従弟にあたります。私の父の妹が彼の母親という関係です。
外形がよく似ていると、たくさんの方たちからいわれます。
当人たちは、お互いに、「あんなもんじゃない」と笑い合っているのですが・・・・。

本籍は愛媛県松山市。住んだことはありません。
私は仲間から「殿」なんて呼ばれてますが、大したものじゃありません。
徳川家康の異父弟・久松定勝を祖とする久松松平の傍流の末裔です。育ちは東京です。』



徳川家康・異父弟の系統「久松松平家」

徳川家康の生母・於大の方(伝通院)が久松俊勝に再嫁し、 そこで生れた久松康元康俊(勝俊)・定勝は、家康の異父弟にあたり、 この3人に「松平」姓が与えられた。(上記系図2参照)

そして、明治になり大名から、華族に列せられた久松松平家は四家あるが、 伊勢桑名藩主家(「寛政の改革」松平定信の系統)以外の大名家は明治元年、久松姓に復した。
(分家は松平姓)

松平アナウンサーは、 久松(松平)定勝松平定行から始まる伊予松山藩主家の分家。

本家は明治になり、伯爵に叙せられた。
ちなみに、伯爵家久松定謨(さだこと)長男・久松定武は、 戦後、昭和26年より20年間、愛媛県知事を務めた。

松平アナ、旗本の家系は、どの代から、分家したのか?

その時歴史が動いた」(NHK|番組終了)で、久松松平家と、自身の家系が動いた瞬間を、松平アナにやってほしかった・・・。


追記

「匿名希望さま」より情報いただきました。

十数年前のNHKの歴史特番で、キャスターとして松平さんが、 ご先祖さまの役「幕末の旗本・松平源太夫」という名前で、出演されていたとの事。

その名前は、「大武鑑」にも掲載されているとの事です。


追記2

上記・NHKのテレビ番組は「クロフネ」というタイトルでした。

「週刊新潮」1994(平成6)年7/28号の記事から、一部抜粋すると、

『当世これだけ月代(さかやき)が似合う人材は、時代劇俳優の中にもそうはいないだろう。
それだけに羽織袴姿が、映えるのも当然か。
なにしろこの人、徳川家康の異父弟の末裔なのだから。

話題の主は、NHKの松平定知アナ。
14日に放映された幕末ニュースショー「クロフネ」で、松平源太夫勝文、 すなわち4代前のご先祖に扮したのだ。

嘉永7年3月3日、横浜応接所で、日米和親条約が締結されてから、今年で140年。
当時、もしテレビがあったなら、どう報道されていたか。
NHKならぬ“エドHKニュース”のキャスターというのが松平アナの役どころだ。』


松平源太夫勝文

まさに、はまり役・・・
再放送で見たい。
(肩の後ろは女の子)

そらのる 1210追加

●松平定知家系図
松平定振 祖父/伊予松山藩主・久松松平家の分家筋/
※「松平定振」という名は「平成新修旧華族家系大成」などで、伊勢神戸藩主・本多家(子爵)の項目で見受けられるが。
松平定堯 父/陸軍大佐
萩駿(たかし) 叔父/洋画家/姉が松平定知の母/
昭和33年、新象作家協会創立に参加。59年第10回日仏現代美術展にてロイユ賞、平成元年第15回日仏現代美術展にてアートよみうり賞を受く。
大阪府高槻市から滋賀県高島市へ移り、平成10年、比良美術館を開設。
著書に「デッサン概論」、「油絵講座」、「萩駿自選歌曲集」。
比良美術館(期間限定の開館)
松平定知 NHKアナウンサー/
松山藩主松平定勝を始祖とする愛媛県の久松松平家の末裔。
昭和44年にNHKに入り、高知放送局を経て、49年から東京アナウンス室。
「歌のビッグステージ」「ひるのプレゼント」「ニュースワイド」「連想ゲーム」などを担当。
その後、「7時のニュース」の歯切れ良いアナウンスぶりで話題になる。
平成元年4月からは「モーニングワイド」担当。
2年部長級を飛び越してエグゼクティブアナウンサー(局次長級)に昇進。
7年4月「ニュース11」でキャスター、12年「その時歴史が動いた」キャスターを務める。
14年エグゼクティブアナウンサー(理事待遇)。
松平定知
負けずにキザですが
「その時歴史が動いた」DVD
磯村年(とし) 陸軍大将/
妹は陸軍中将・藤田進に、娘は陸軍中将・国分新七郎に嫁す。
磯村武亮(たけすけ) 陸軍中将/
終戦直前の昭和20年7月、山梨県上空で乗機が撃墜され戦死・中将進級。
磯村尚徳(ひさのり)
磯村尚徳
NHK専務理事待遇特別主幹、外交評論家、パリ日本文化会館館長、ユネスコ事務総長特別顧問/
幼時トルコ、フランスで育つ。昭和28年NHK入局。
インドシナ、中東、パリ各特派員、ワシントン支局長、外信部長などの後、NC9(ニュースセンター9時)のキャスターをつとめ人気を博した。
53年ヨーロッパ総局長、57年報道局長を経て、59年7月特別主幹となる。
61年5月からは「ワールドネットワーク 世界はいま」のキャスターをつとめる。
平成3年、都知事選に出馬するが、当時現職だった鈴木俊一都知事に敗退。
以後フリーの外交評論家として活躍。4年4月国学院大学日本文化研究所の専任教授に就任。
7年パリ日本文化会館初代館長。9年長野冬季五輪開会式の総合司会者に起用される。
磯村尚徳
日本人はなぜ世界が読めないのか ― カルロス・ゴーンの成功の秘密
ちょっとキザですが
鈴木忠治
鈴木忠治
昭和電工社長、味の素共同創業者/
兄・2代目鈴木三郎助(鈴木商店)のヨード製造事業に加わり、明治42年“味の素”を製造発売。
大正6年東信電気を創立、専務。14年株式会社鈴木商店(のちの味の素株式会社)専務。
昭和6年兄に死により、鈴木商店、東信電気各社長。
9年昭和酒造(現・メルシャン)創立、11年昭和肥料取締役会長、15年昭和電工社長となり、鈴木商店社長を辞任。
18年内閣顧問、同年味の素製造を中止、戦後味の素株式会社と改称して製造再開。
鈴木忠治―小伝と追憶」鈴木三千代
鈴木竹雄
鈴木竹雄
商法の権威/商法学者、弁護士、東大名誉教授/
鈴木竹雄
幾山河―商法学者の思い出
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。