近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

大久保利通 牧野伸顕 系図 (※転載禁止)





●大久保利通公銅像
大久保利通

大久保家は薩摩藩士で、大久保利通は幕末に諸国の志士と交わり、 藩主を補佐して藩論を統一し、王政復古に偉功があった。
よって、明治2年賞典禄1800石を給された。
ついで内務卿・大蔵卿となり新政府の柱石としてその基礎を確立する事に尽力したが、 明治11年凶刃に倒れた。

大久保家の祖先は、戦国時代に薩摩にやってきて、島津家の家臣になった。
利通の父、大久保利世は、下級武士であったが、陽明学や禅学に通じ、 身分にこだわらずに町人や百姓とも交際する、磊落な人物であった。

また、利通の母方の祖父・皆吉鳳徳(みなよしほうとく)は藩医で、蘭学を学び 日本最初の西洋式船舶「伊呂波丸」(帆船)を建造した一人として知られる。
利通は、父と、この祖父の感化を受けたとされる。


牧野伸顕大久保利通の次男に生まれ、親戚である牧野家の養子に入った。
伸顕は外交官から閣僚を歴任し、のち内大臣となり、 明治・大正・昭和の宮中・政治・外交などに深く関わった。

そらのる 1210追加

●大久保・牧野家系図
皆吉鳳徳 藩医
大久保利世 薩摩藩士/一男四女の父
新納立夫 宮内大丞/妻は大久保利世長女・ナカ(利通の姉)
大久保利通
大久保利通
参議、内務卿/維新の三傑/
藩主島津斉彬の信任を受け、その死後は島津久光のもとで藩政改革・国事に奔走。
西郷隆盛らとともに倒幕運動を推進し、慶応3(1867)年12月、岩倉具視らと連携して王政復古の政変を実現。
新政府の参与・参議・大蔵卿などを務め、版籍奉還・廃藩置県に尽力。
明治4~6年、岩倉遣外使節団の副使として欧米諸国を視察。
帰国後、西郷隆盛の朝鮮派遣(征韓論)に反対して明治6年の政変を招いた。
政変後、参議兼内務卿として明治政府の中心となり、殖産興業政策に全力を注ぐとともに、漸進的な立憲政体の樹立をめざすなど日本の近代化の推進に務めた。
7年、清国に赴き、台湾出兵の善後処理に従事。
相次ぐ保守派士族の反乱に強硬姿勢で対処。
10年、西郷を擁する鹿児島士族の反乱(西南戦争)の鎮圧にあたったが、翌年5月14日、不平士族に襲われ死去。
関連本:大久保利通
石原近昌 妻は大久保利世二女・キチ(利通の妹)
山田才助 妻は大久保利世三女・スマ
山田彦八 海軍中将
石原近義 中警視/妻は大久保利世四女・ミネ
牧野伸顕(のぶあき)
牧野伸顕
明治12年外務省に出仕し、以後諸官に勤務し、諸制度の整備・取調等にあたり、内閣記録局長、福井・茨城各県知事、文部次官、イタリア・オーストリア・スイスの各公使等を歴任。
39年第1次西園寺内閣の文部大臣となり、翌40年11月勲功により男爵を授けられた。
その後、第2次西園寺内閣の農商務大臣、第1次山本内閣の外務大臣等を務め、大正8年講和全権委員となり、翌9年9月対独平和条約締結、シベリア出兵の功により子爵に陞爵した。10年宮内大臣となり、14年内大臣に転じ、輔弼の功労が多かった。
さらに大正14年4月伯爵に陞爵した。
関連系図
著書・関連本
回顧録〈上巻〉」「回顧録〈下巻〉
牧野伸顕日記
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])


●大久保利通生い立ちの地
大久保利通生い立ちの地
大久保利通生い立ちの地 大久保家系図





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
日本の肖像―旧皇族・華族秘蔵アルバム〈第10巻〉
平成新修旧華族家系大成
「大久保利通伝」勝田孫弥