近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

久坂玄瑞 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●久坂玄瑞家系図
久坂良迪(りょうてき) 長州藩医、寺社組本道医/久坂玄瑞の父/
妻・富は大庄屋・大谷忠左右衛門の娘。つまり農民であったから、
身分差を埋めるために、いったん藩士・中井某の養女となって久坂家に嫁いだ。
久坂玄機(げんき)
久坂玄機
蘭学者、好生館(藩立医学校)都講(講師)、適塾塾頭/
久坂良迪長男。玄瑞の20歳年上の兄/
『萩で儒学・蘭学を学んだが、のちに大坂で緒方洪庵に蘭学を学ぶ。
萩に帰ってからは、医学館で都講役となる。
1849年(嘉永2)、牛痘接種を実施。尊王の志があり、月性と親交があった。
村田清風からも意見を求められたことがある。(「ビジュアル 幕末1000人」より)』
久坂玄瑞(げんずい)
久坂玄瑞
1840~1864/長州藩士、尊攘志士、松下村塾塾生/
初名・秀三郎(ひでさぶろう)、のちに玄瑞、義助(よしすけ)/
久坂良迪三男。二男が早世したため事実上の二男として育てられた。
1854年までのわずか1年の間に、母、兄、父が相次いで病没。
妻・久坂文は杉百合之助四女。吉田松陰の末妹。/
禁門の変で、寺島忠三郎と刺し違え自刃。/
久坂文(ふみ) 久坂玄瑞の妻。吉田松陰末妹/旧姓名・杉文/
安政4年(1857)、15歳で、久坂玄瑞(18歳)と結婚。
元治元年(1864)、禁門の変により、夫・久坂玄瑞死去。
結婚生活は約6年半で終了し、文は22歳という若さで未亡人となった。
夫の死後、長州藩主・毛利家に、侍女として仕える。
明治16年(1883)、楫取素彦と再婚(楫取美和子)。
楫取素彦は、文が大切に残していた玄瑞の手紙を
「涙袖帖(るいしゅうちょう)」 と題する書簡集・巻物に整理してまとめた。/
久坂玄瑞との間に子供はなく、玄瑞は生前に文の姉夫妻、
小田村伊之助(楫取素彦)・寿の二男・粂次郎を養子に迎えていた。
ところが、明治2年、久坂玄瑞の実子という秀次郎(6歳)が、山口に来て藩に認知され、明治12年久坂家の家督を相続することになった。
粂次郎は楫取家に戻り、のちに楫取道明と名乗り、教育者の道を歩む。
久坂秀次郎 大倉組台湾基隆(キールン)支社勤務(明治30年代)/久坂玄瑞実子/
昭和7年、東京で死去。69歳/
秀次郎の母に関しては、 「週刊朝日 2014年6/6号 [子孫が語る秘話と秘宝]、久坂玄瑞曽孫・恵一の夫人・久坂百合子(85)」によれば、
『玄瑞には京都で身の回りの世話をしてくださった女性との間に子供ができ、玄瑞の自刃後に生まれています。その子が秀次郎です。
相手の女性は京都・島原桔梗屋の芸妓だった辰さんとも、
同じく芸妓の佐々木ヒロさんとも、あるいは2人は同一人物とも・・・・・・。
(中略)
最近見つけた、主人が書いた原稿には
「辰、本名は佐々木ヒロで京都にて生まれる」 とありました。
つまり、主人は2人が同一人物と考えていたようです。』

吉田松陰とその家族-兄を信じた妹たち」によれば、
『母は京都島原の桔梗屋抱え芸妓で久坂の愛妾辰路との説があり、
久坂家では「戸籍で証明できる井筒タツをもって秀次郎の生母名とした」
という(「久坂家略伝・改訂版」久坂恵一)。
また、「久坂玄瑞全集」の「久坂家略系」では母の名は
「(井筒太助二女)井筒タツ(佐々木ヒロともいう)」となっている。』

※久坂玄瑞の玄孫にあたる福岡市在住、久坂佳照氏が、
2014年7月、久坂玄瑞没後150年慰霊祭、及び、2015年1月、
萩市中央公園に完成した久坂玄瑞銅像除幕式に出席した。(「山口新聞」より)
杉百合之助
杉常道
長州藩士・中間(ちゅうげん)頭兼盗賊改方/
杉百合之助常道/吉田松陰実父/
吉田松陰
吉田松陰
1830~1859/教育者・松下村塾3代塾主、兵学者・山鹿流兵学師範/
杉百合之助二男/吉田家養子
吉田松陰関連系図
楫取素彦
(かとり もとひこ)
楫取素彦
1829~1912/宮中顧問官、貴族院議員、群馬県令/男爵/
松島瑞蟠二男。小田村家に養子入り(小田村伊之助)。のち楫取素彦となる。/
先妻・寿(希子)は杉百合之助二女。
後妻・文(美和子)は杉百合之助四女/
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンクコトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
吉田松陰とその門下」古川薫
NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 花燃ゆ」NHK出版
吉田松陰とその家族-兄を信じた妹たち」一坂太郎
楫取素彦と吉田松陰の妹・文」一坂太郎
ビジュアル 幕末1000人
花冠の志士 小説久坂玄瑞」古川薫
花燃ゆ 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)」NHK出版
「週刊朝日」2014年6/6号 [子孫が語る秘話と秘宝]