近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

久留島武彦 系図 (※転載禁止)




豊後森藩主・久留島家

久留島家は村上を称し、伊予来島を領有した。
通総は、秀吉に仕えて来島と称し、水軍の将として功があり、 伊予で一万四千石をあてがわれた。

関ヶ原戦では、西軍に与し、長親は慶長6(1601)年、豊後森に移された(一万四千石)。
通春の代、元和2(1616)年、名字を久留島に改めた。
通清は明暦元(1655)年分知して、一万二千五百石となり、以後維新に至る。


※久留島家歴代系図は、 「江戸大名家血族事典」別冊歴史読本、「平成新修旧華族家系大成」、
及び、「人事興信録(第9版・昭和6年)」の記述による、 『久留島武彦は通寛の長男にして子爵久留島健三郎の再従兄(はとこ)』 などを参考に作成。

・「メルヘンの語部―久留島武彦の世界」等では、
『(武彦の)父は、明治維新で森藩最後の藩主となった通靖の長男。』
(すなわち、武彦は12代藩主・通靖の孫)
というのは、誤りと思われる。

・「日本史諸家系図人名辞典」では、10代藩主・久留島通明は、
『通嘉の子。兄通容の養子』(すなわち、9代・10代・11代は兄弟)となっている。

・「江戸300藩 殿様のその後 明治から平成まで、大名はこう生き抜いた!」では、
『武彦の父は8代藩主通嘉の子通寛で、9代、10代、11代藩主の兄弟である。
つまり武彦は通靖、通簡とは従兄弟になる。』となっている。

正解は??

そらのる 1210追加

●豊後森・久留島家系図
久留島通嘉
久留島通嘉
豊後森藩8代藩主
久留島通容
久留島通容
豊後森藩9代藩主
久留島通明
久留島通明
豊後森藩10代藩主
久留島通胤
久留島通胤
豊後森藩11代藩主
久留島通靖
久留島通靖
豊後森藩12代(最後の)藩主
久留島通簡(みちひろ)
久留島通簡
13代当主/子爵
伊東祐麿(すけまろ)
伊東祐麿
海軍中将/妻が久留島通簡の姉/子爵
伊東祐亨(すけゆき/ゆうこう)
伊東祐亨
元帥海軍大将/祐麿の弟/伯爵
久留島健三郎 14代当主/久留島武彦のはとこ/子爵
久留島武彦
久留島武彦
児童文学者、口演童話家/旧筆名・尾上新兵衛/
父は通寛、母・恵喜は中津奥平藩の家中・奥平丈右衛門(禄高200石)の娘/
関西学院に入り、明治24年受洗。
27年日清戦争に従軍し、その見聞記を尾上新兵衛の筆名で「少年世界」に連載する。
33年「戦塵」の題名で出版。これを機に巌谷小波を知り、木曜会に参加。
新聞記者、貿易商社社員などを経て、39年お伽噺を中心に子どものための文化運動を推進する団体“お伽倶楽部”を創設、40年お伽劇団を結成。
日本最初の児童演劇“お伽芝居”を企画・演出し、各地を巡業して口演童話を広めた。
一方、43年には東京・青山に早蕨幼稚園を創立、幼児教育に尽くし、ボーイスカウト運動など青少年の社会教育にも力があった。
著書に童話集「お伽講談」「羊仙人」「童話久留島名話集」の他、「通俗雄弁術」「童話術講話」など。
没後の昭和36年、その業績を記念して久留島武彦文化賞が設けられた。
浅田彦一 博文館「太陽」主幹/妻が久留島武彦の妹
久留島秀三郎
久留島秀三郎
同和鉱業社長、ボーイスカウト連盟理事長/久留島家に養子入り/
満鉄撫順炭鉱、華中鉄鉱、農商務省鉱務監督官、昭和製鋼所、昭和鉱業社長を務めた後、昭和21~38年同和鉱業社長。
ユーゴスラビアの銅山開発に協力するなど国際的にも活躍。
一方、ボーイスカウト運動にも力を入れ、戦後はその再建に尽力、29年連盟理事長となった。
他に新生活運動協会長、日本幼児教育福祉協会長、身障者のためのコロニー建設推進懇談会長、日経連常任理事などを務めた。
著書に「馬賊を語る」など。
中野忠八 薬種・砂糖商、ボーイスカウト運動の先駆者/久留島秀三郎の兄
中野卓(たかし) 社会学者、東京教育大学教授、千葉大学教授
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
平成新修旧華族家系大成」霞会館
「江戸大名家血族事典」別冊歴史読本
「人事興信録」
メルヘンの語部―久留島武彦の世界」草地勉
偲ぶ草―久留島武彦」久留島秀三郎
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ