近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

熊谷正寿(GMOインターネット) 系図 (※転載禁止)




ネットベンチャー、GMOインターネット・熊谷正寿社長の系譜

祖父が、原敬側近・衆議院議員熊谷巌、 そして、祖母が幕末・維新時、官軍に徹底抗戦した伊庭八郎に繋がる、江戸四大道場「剣術・心形刀流」宗家・伊庭家の系譜。

そらのる 1210追加

●熊谷正寿家系図
伊庭秀長 心形刀流6代目/伊庭家は、剣術・心形刀流(しんぎょうとうりゅう/しんけいとうりゅう)の宗家
伊庭秀淵 心形刀流7代目
三橋成方 幕府勘定吟味役
伊庭秀業(ひでなり)
伊庭秀業
心形刀流8代目/旧名・三橋銅四郎/
7代秀淵の最も剣技に優れた門人であり、婿養子となる。
妻・ユウは22歳で早世、秀淵の兄の養女・マキを後妻に迎える(伊庭八郎・想太郎の母)
伊庭秀俊 心形刀流9代目/旧名・塀和(はが)惣太郎(総太郎)/
8代秀業が隠居時、長男・八郎がまだ2歳であり、門人の中より養子となる。
伊庭八郎
(いば)
伊庭八郎
1843~1869/幕末期の直参、遊撃隊長/
文武に優れ、講武所に入る。1868年遊撃隊士として鳥羽・伏見に戦い、負傷して江戸に帰る。
その後も徹底抗戦を主張し、遊撃隊長として上総国木更津に海路上陸し、同国請西藩主・林忠崇を説き、ともに兵200余を率いて箱根関所を占拠、官軍の後方を衝くが、敗れて片腕を失う。
さらに、彰義隊に加わって上野戦争に敗れ、東北、箱館と転戦、榎本武揚軍に合流。
翌年4月9日、銃傷を受け、5月12日没した。幕末期有数の剣客であった。
伊庭八郎
伊庭八郎のすべて
幕末遊撃隊 伊庭八郎」長谷川つとむ
「伊庭八郎征西日記」
伊庭想太郎
伊庭想太郎
1851~1903/東京農学校校長、星亨暗殺者/心形刀流10代目/
旧唐津藩主家・小笠原長生(のち海軍中将)の家庭教師を務めた。
一方、私塾文友館を創設、のち東京農学校校長。日本貯蓄銀行設立に参与した。
明治34年「東京市政の腐敗の元凶だ」といって、東京市役所で東京市会議長・星亨を刺殺。
無期懲役となり、在獄中の40年病死した。
伊庭秀栄 医学士
伊庭孝(たかし/こう)
伊庭孝
1887~1937/音楽評論家、演出家、劇作家、俳優/伊庭想太郎の養子/
同志社大学中退後、警醒社の洋書係となる。
明治45年「演劇評論」を創刊し、また近代劇協会を創立。
演出家、劇作家として活躍し、新劇社、PM公演社も主宰するなど、草創期の新劇運動に貢献する。
大正6年には歌舞劇協会を組織し、浅草オペラの発展に寄与する。
また12年頃からは楽壇に進出、昭和2年近衛秀麿らとラジオで歌劇を放送し、解説にあたるなど、オペラ運動の先駆者となる。
また、邦楽の理論化にもつくした。著書に「音楽読本」「日本音楽概論」「雨安居荘雑筆」などがある。
伊庭孝
熊谷巌(いわお)
熊谷巌
1883~1933/衆議院議員(政友会)、警察官僚、弁護士/岩手県
妻は伊庭秀栄の長女、兄・熊谷平助(2代目)は、東北漁業代表取締役、宮古銀行頭取/
明治42年、東京帝国大学独法科を卒業し、東京府属、同南葛飾郡長、同荏原郡長、同理事官、佐賀県警察部長、警察講習所教授、警視庁保安部長を歴任し、のち弁護士開業。
鉄道会議議員となり、また立憲政友会総務となる。大正13年より当選4回。
熊谷新 熊谷興業創業者
熊谷正寿(まさとし) GMOインターネット会長兼社長/
1963(昭和38)年長野県に生まれる。平成3年、ボイスメディア設立。
7年ボイスメディアからインターキューに、13年グローバルメディアオンライン(GMO)に社名変更。
16年東証2部に上場。17年GMOインターネットに商号変更、東証1部上場。
ハウジングとホスティング、サイト制作、インターネット上のメディア各種の開発と運営を行う。
■ブログ「クマガイコム
熊谷正寿
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
岡田捷五郎(しょうごろう)
岡田捷五郎
1894~1976/建築家、東京芸術大学教授/岡田信一郎の弟、妻は伊庭秀栄の四女/
大正9年滝川工務店に入るが、同年から11年まで赤羽工兵第一大隊に服務。
除隊後、兄信一郎の建築設計事務所で設計を手掛け、13~15年欧米の建築を視察。
帰国後も岡田信一郎事務所で設計監理に従事し、昭和7年兄の死後はあとを受けて建築設計事務所を経営。
一方、2年から東京美術学校建築科講師となり、18年同校教授に就任。
東京芸術大学教授、37年名誉教授となった。
のち南建設相談役、信建築事務所顧問、日本建築士会理事長などを務めた。
主な作品に琵琶湖ホテル、日本出版クラブ、旺文社本館など。
あなたの住宅設計」岡田捷五郎、山本学治
岡田信一郎
岡田信一郎
1883~1932/建築家、東京美術学校教授/
東大大学院で研究、一方早大講師、東京美術学校教授として建築史、建築意匠を講じた。
建築家としては、大正元年、大阪市中之島中央公会堂指名競技設計1等賞、14年鉄筋コンクリート造りの東京歌舞伎座、鎌倉国宝館、15年ギリシャ様式の東京府美術館、震災で焼け落ちたニコライ堂ドームの設計、昭和9年ルネサンス様式の明治生命ビルなどがある。
どのような様式でも自由に使いこなし“様式建築の名手”といわれた。
近代日本の異色建築家」近江栄、藤森照信
萬龍(まんりゅう) 芸妓/
明治33年、許可になった私製はがきの「美人絵葉書」にモデルとなり、明治一の美人と評判になった。
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
伊庭八郎のすべて」新人物往来社
ドリームメーカー 新世代経営者たちの素顔」大下英治
新訂 政治家人名事典 明治~昭和」日外アソシエーツ
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
人事興信録
●参考HP
ブログ「クマガイコム/伊庭八郎&結婚記念日