近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

八千草薫 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●八千草薫家系図
水木洋子
水木洋子
脚本家、劇作家/
文化学院で演劇を専攻。菊池寛主宰脚本研究会、日本放送協会放送劇部門嘱託を経て、昭和23年八住利雄門下に。
24年「女の一生」でシナリオ作家としてデビュー。
30年代に入ると、その活動は目ざましいものとなる。
代表作に映画「また逢う日まで」「ひめゆりの塔」「にごりえ」「夫婦」「あにいもうと」「浮雲」「あらくれ」「純愛物語」「キクとイサム」「おとうと」「怪談」など。
テレビでは大河ドラマ「竜馬がゆく」、「甘柿しぶ柿つるし柿」などがある。
人物の性格・心情のきめ細かい描写と、激しい感情性をユーモアや叙情で包みこむ描写を得意とする。
また22年以来、千葉県市川市に在住。
平成10年、“死後、自宅を市川市に贈与する”という契約を結ぶ。
12年同市で企画展が開催される。
関連DVD水木洋子
若山セツ子(セツコ)
若山セツ子
女優/次姉・テイ子はSKDから大映の女優(いわゆる大部屋女優)/
東宝ニューフェース第1期生。昭和21年に三船敏郎、久我美子、堀雄二らとともに映画界入りし、「四つの恋の物語」でデビュー。
続いて谷口千吉の監督第一回作品、三船敏郎主演の「銀嶺の果て」(22年8月)に出演、同年の「おスミの持参金」で毎日映画コンクール新人演技賞を受賞した。
さらに24年、「青い山脈」での黒い丸眼鏡をかけたお茶目な女学生役は印象深く、20年代の清純派スターとして人気を集めた。
24年10月に東宝の谷口千吉監督(当時36歳/セツ子20歳)と結婚して
話題を呼んだが、7年で協議離婚。
36年映画・テレビ界から引退。46年カムバックするも、1年余りで再び引退。
57年に次姉、母親を立て続けに亡くしてからは一人暮らしの寂しい晩年だったといい、昭和60年入院中の病院で縊死。
過ぎし愛のとき」早瀬圭一
DVD若山セツ子
谷口直貞 建築学者/谷口千吉の父/
英グラスゴー大学で建築学を修めた工学博士で、赤坂離宮、東京の水道建設などに貢献した。
谷口千吉
谷口千吉
映画監督/11人きょうだいの末っ子/
学生時代“左翼劇場”に入り新劇活動をするが、昭和8年、東宝の前身であるPCLに入社。
助監督として山本嘉次郎、島津保次郎につく。同期には、黒沢明。
その黒沢と脚本を書いた山岳アクション「銀嶺の果て」で昭和22年、監督デビュー。
続いて「ジャコ万と鉄」「暁の脱走」を撮る。
45年の長編記録映画「日本万国博」と50年の「アサンテ・サーナ」で注目を浴びた。
他の作品に「潮騒」「独立機関銃隊未だ射撃中」などがある。
“瞬間湯沸かし器”と呼ばれ、現場では度々、周囲と衝突。
小器用なタイプでもなく、映画産業が衰退する中、次第に活躍の場は減っていった。
50年の「アサンテ・サーナ」を最後に監督業からは遠ざかった。
二度の離婚を経て、32年に八千草薫と結婚。
夫婦仲は円満で、一線を退いてからは八千草を支え続けた。
近況を尋ねられ、「朝、妻を車で撮影所に送り、昼は山岳喫茶。そして夕方、妻を迎えに行く。
それが今の仕事だよ」と答えたという。
“芸術の黒沢、娯楽の谷口”と並び称される。平成19年没。95歳
DVD谷口千吉
八千草薫
八千草薫
女優、タカラヅカ(娘役)出身/
昭和22年、宝塚歌劇団入団(花組)。同年4月「春のおどり・世界の花」で初舞台。
その後、「文福茶釜」で主役の子狸役、「河童まつり」で河童の勘平役を演じ、ユーモラスな演技で脚光を浴び、以後「虞美人」の桃娘、「源氏物語」の若紫など大役を得、可憐な娘役として宝塚スターの道を歩む。
26年宝塚在籍中に東宝映画と契約。
同年、歌劇団員出演の「宝塚夫人」で映画初出演、「目下恋愛中」で本格的デビュー。
29年、花組から演劇専科に移籍。
同年、「宮本武蔵」では三船敏郎と共演、お通役の清純な演技が注目される。
30年には、イタリアのカルミネ・ガローネ監督、日伊合作の「蝶々夫人」でヒロインの蝶々夫人に抜擢され、映画も大ヒットするなど映画での活躍が続く。
31年、映画「乱菊物語」に主演の折、谷口千吉と、監督と女優として出会う。
32年5月、宝塚歌劇団を退団。7月に谷口千吉と結婚。
(「優しい時間」[八千草薫 略歴]より、宝塚在団時代を参照)
八千草薫 テレビドラマ相関図
八千草薫
DVD八千草薫
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
過ぎし愛のとき」早瀬圭一
優しい時間」八千草薫
日本映画人名事典 監督篇」キネマ旬報社/編
週刊新潮 [墓碑銘]