近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

山田五十鈴 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●山田五十鈴家系図
山田九州男(くすお) 新派俳優/旧芸名・山田不二男/
山田五十鈴
山田五十鈴
女優/母・律は大阪北新地の売れっ子芸者/
数え6歳より、常盤津、長唄、清元、踊りの稽古に通い始める。
昭和5年、日活入社。デビュー作「剣を超えて」では大河内伝次郎の相手役だった。
愛称“ベル”で日活時代劇のトップ女優に。
新興キネマを経て東宝に転じ、「鶴八鶴次郎」「婦系図」などで
長谷川一夫と共演、大ヒットを続ける。
昭和17年から長谷川と新演伎座を結成するが、戦後解散。
昭和27年、加藤嘉と現代俳優協会を設立、独立プロ作品にも多数出演した。
「現代人」「流れる」「蜘蛛巣城」「どん底」などで各種の主演女優賞を獲得。
平成5年秋、文化功労者に。12年女優で初めて文化勲章を受章。
山田五十鈴
山田五十鈴―映画とともに
山田五十鈴 関連DVD
月田一郎
月田一郎
俳優/
大学時代、映画俳優を志し、松竹蒲田のスター鈴木伝明に師事。
昭和4年、法政大学を中退し松竹入社、「山の凱歌」で端役デビュー。
5年小津監督「落第はしたけれど」の大学生役に抜擢。
6年“31年型美男子”と売り出されるが、伝明の不二映画創立について松竹退社。
8年解散後は新興キネマへ。9月第一映画社に参加。
11年共演者だった山田五十鈴と結婚、のちの嵯峨三智子をもうける。
11年第一映画社解散後は、新興京都へ。13年東宝へ移籍。17年山田と離婚した。
月田一郎 関連DVD
嵯峨三智子
嵯峨三智子
女優/
父母が離婚後、月田の母親の許で育てられる。
昭和27年に東映入社、31年に松竹移籍。
他社作品にも数多く出演し、30年代半ばまで、時代劇を中心に年間十数本のペースで映画出演する売れっ子になる。
代表作に「こつまなんきん」「恋や恋なすな恋」などがあり、母・五十鈴との初共演作「おしどりの間」は話題を呼んだ。
テレビ・ラジオ・舞台などにも進出したが、42年頃からトラブル続きで映画出演が減り、奇行癖の持ち主として知られるようになる。
その後は、芸能界復帰と失踪を何度となく繰り返した。
その特異な個性と天性の色気、演技力により、一時期は松竹の看板女優とみなされていた。
嵯峨三智子 関連DVD
瀧村和男 東宝プロデューサー
加藤嘉(よし)
加藤嘉
俳優/
昭和9年、舞台俳優として出発し、新築地劇団、新協劇団などに参加するが、21年からは映画に専念。
50年代の代表作「米」をきっかけに、多くの巨匠、若い監督たちに
珍重され、得がたい性格俳優として強い印象を残す。
なかでも「砂の器」の老巡礼、「神々の深き欲望」の離島の区長の演技が光る。
その延長線上に花開いた演技「ふるさと」で1983年度モスクワ国際映画祭主演男優賞を受賞した。
下元勉
(しももと)
下元勉
俳優/
昭和11年、新協劇団研究所に入る。
13年応召。復員後の24年、劇団民芸の創立に参加し、47年に民芸を退団してフリーになるまで数多い民芸の作品に出演。
映画出演は27年「母のない子と子のない母と」の助演以来、「原爆の子」「真空地帯」「真昼の暗黒」など多数。
特に35年の山本薩夫監督「武器なき斗い」では、主役の大学教授を演じて評判となった。
テレビでも活躍する一方、60年からロベール・トマ原作の舞台「罠」の地方公演を行う。
趣味は玄人はだしのカメラ、他に俳句、陶器収集、硯彫りなど多彩。
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
紫陽花や山田五十鈴という女優」升本喜年
君美わしく」川本三郎
テレビ・タレント人名事典 第6版」日外アソシエーツ
「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ
「芸能・タレント人名事典」日外アソシエーツ