近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

高千穂ひづる 系図 (※転載禁止)



そらのる 1210追加

●高千穂ひづる家系図
二出川延明
(にでがわ)
二出川延明
プロ野球審判員/
昭和10年、巨人軍第1回米国遠征に参加。俊足の外野手、主将として活躍。
その後、審判員になり、25年2リーグに分裂した時にはパリーグに所属。
35年審判部長となり、38年引退。45年殿堂入り。
この間の34年、後楽園での大毎vs.西鉄戦で、二塁上でのきわどい封殺プレーの判定に抗議を申し立てた監督へ「オレがルールブックだ」と一喝、球界史上に残る有名なエピソードとなった。
高千穂ひづる
高千穂ひづる
女優、タカラヅカ(娘役)出身/
神戸女学院卒、昭和22年宝塚音楽学校入学、23年宝塚歌劇団入団。
同期に、寿美花代(高島忠夫夫人)、宇治かほる(笈田敏夫元夫人)、雅章子(金田正一夫人)、加賀葵(竹村健一夫人)、槇克巳(正司泰一郎元宝塚市長夫人)などがいる。/
26年宝塚在籍のまま、東宝「ホープさん」で映画初出演、のち松竹を経て、28年東映に入社。
「笛吹童子」「紅孔雀」などで中村錦之助の相手役を演じ、東映のお姫さま女優として人気を得る。
32年退社、同年松竹に復帰。36年、「ゼロの焦点」「背徳のメス」で好演、ブルーリボン助演女優賞受賞。
39年大瀬康一と結婚。44年夫と芸能プロを設立、以後は実業家に転身。
55年和風ラーメン甘味チェーン「五人ばやし」をオープンした。
高千穂ひづる 関連DVD
大瀬康一
大瀬康一
(株)オーティ企画社長、俳優/「月光仮面」「隠密剣士」主役/
東映で大部屋暮らしが続くが、昭和33年に放送が開始した国産初のテレビ映画「月光仮面」の主役に抜擢。
最高68%という驚異的な視聴率をあげ、一躍スターダムにのし上がる。
続く37年スタートの「隠密剣士」も大ヒット、その地位を確立。
映画出演作に「弾痕街の友情」「投資令嬢」「誘拐」「隠密剣士」などがある。
39年女優・高千穂ひづると結婚し、44年二人の頭文字を並べたオーティ企画を設立。
芸能、不動産、飲食業などを手がける事業家に転身した。
大瀬康一 関連DVD
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
君美わしく」川本三郎
「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ