近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

片岡仁左衛門 系図 (※転載禁止)


梨園家系図 片岡仁左衛門


そらのる 1210追加

●梨園・片岡仁左衛門家系図
片岡仁左衛門(13代目)
片岡仁左衛門(13代目)
歌舞伎俳優/妻・喜代子は錦城斎典山二女/人間国宝/
15代仁左衛門の父。
十三代目片岡仁左衛門
片岡我當(5代目)
片岡我當(5代目)
歌舞伎俳優/本姓・片岡/13代仁左衛門長男/
五代目片岡我當
片岡進之介(初代) 歌舞伎俳優/
平成9年、『準ミス京都に選ばれるほどの京美人』(週刊新潮 [結婚])と結婚。
初代片岡進之介
西川扇蔵(10代目)
西川扇蔵
日本舞踊西川流十世宗家家元/人間国宝/
西川流は三百年以上続く、最も長い歴史を持つ流派の一つ。花柳流など数多くの流派を輩出。
西川箕乃助(5代目) 日本舞踊家/10代西川扇蔵長男/
平成9年末、片岡我當長女・智子(進之介の姉)と結婚。
片岡秀太郎(2代目) 歌舞伎俳優/13代仁左衛門二男/
昭和48年高田美和と結婚するも、59年離婚。
二代目片岡秀太郎
片岡愛之助(6代目)
片岡愛之助(6代目)
歌舞伎俳優/本名・片岡寛之。旧姓・山元、大阪府堺市出身/
平成4年、片岡秀太郎の養子となり、片岡家ゆかりの名跡・6代目愛之助を襲名。
六代目片岡愛之助
片岡愛之助
歌舞伎修業―片岡愛之助の青春」松島まり乃
片岡仁左衛門(15代目)
片岡仁左衛門(15代目)
歌舞伎俳優/本名及び前名・片岡孝夫/13代仁左衛門三男(8人きょうだいの7番目)
由子・康子・秀公(我當)・佐江子(花柳寿々)・玉枝・秀太郎・孝夫・静香/
昭和41年、21歳で結婚。妻・博江は小学校1・2年時の同級生、元・芸妓(舞妓)/
2015年7月、人間国宝に認定。
十五代目片岡仁左衛門
片岡仁左衛門
花のひと―孝夫から仁左衛門へ」宮辻政夫
片岡孝太郎 歌舞伎俳優/15代目片岡仁左衛門長男/
前妻・博子は日本舞踊名取。平成8年結婚。三越銀座店で受付嬢を務めていた。
27年3月30日、アパレルメーカーデザイナーで、14歳年下の真麻と再婚。
同時に、前妻とは約10年前から別居し、一昨年離婚していた事を公表。/
映画「太陽の帝国」(87年)、NHK大河ドラマ「太平記」(91年)、ドラマ「白い巨塔」(03年)などに出演。
2013年、映画「終戦のエンペラー」で昭和天皇役を名演。
初代片岡孝太郎
片岡孝太郎
片岡千之助 歌舞伎俳優/片岡孝太郎長男。15代目片岡仁左衛門の孫/
初代片岡千之助
片岡サチ(汐風幸) 女優、タカラジェンヌ(男役・汐風幸/1988年入団、2003年退団)
片岡京子 女優/15代仁左衛門二女/平成11年、永谷竜一と結婚/
平成4年、TBSドラマ「源氏物語」で女優デビュー。
6年、明治座「樅の木は残った」で初舞台を踏んでからは、舞台を中心に活動。
永谷竜一 永谷園執行役員/永谷宗次長男/
昭和62年、慶大法学部政治学科を卒業、米ウェストコースト大学で、国際経営学の修士号を取得。大和総研を経て平成6年、永谷園に入社。
永谷宗次 永谷園相談役/永谷四兄弟[永谷嘉男(創業者)・宗次・博・明]の二男/
昭和34年副社長、平成2年副会長、8年会長、12年相談役。
二女・晴子の夫は内野信行(タオル業界最大手「内野」社長)/
甥・永谷栄一郎(嘉男長男)が現会長(平成8年社長、20年会長)、
永谷泰次郎(たいじろう/嘉男二男)が現社長(24年就任)/
※ちなみに、永谷園の「お茶づけ海苔」のパッケージ、黄・赤・黒・緑の縞模様は、元々、歌舞伎の定式幕(じょうしきまく)から、永谷嘉男が考案・デザインしたもの。
『両親の影響で、私をはじめ一族はみな歌舞伎好き』(嘉男談)。
永谷園関連系図
清元梅吉(4代) 清元節三味線方(3代・4代は清元流家元)/人間国宝/
3代清元梅吉の孫。父は梅寿太夫。母は清元流初代家元寿兵衛の養女・静江/
『父母および祖父母に師事し、梅太郎を経て四代梅吉。後に清元流二代目家元を継ぐ。松原奏風の名で新邦楽の「奏風楽」を創始した。(「日本芸能人名事典 」より)』
片岡功
片岡功
俳優/父は4代清元梅吉、母は15代片岡仁左衛門長姉・由子(のち離婚)/
映画・ドラマ・舞台等で活躍。映画「小さいおうち」「聖地へ!」「最後の忠臣蔵」「築城せよ!」「Beauty」「ええじゃないか」。他DVD「裏盃の軍団」「極道の紋章」「修羅の花道」「中京統一戦線」「傷だらけの侠達」「修羅の宿命」「最後の極道」他に出演。 舞台錦秋特別公演「売れっ子芸者奮闘記」(2009)、 NHK大河ドラマ「勝海舟」(1974)等。
片岡暁孝(あきたか) 俳優/旧芸名・高木博安/
母・由子は15代片岡仁左衛門長姉(再婚)。
父・高木重雄は帝国物産商事社長。
(安宅産業常務を務めた「高木重雄」は同姓同名別人)
6人きょうだい末っ子/
留学先のビバリーヒルズ高校とサンタモニカ大学で演劇を専攻。
在学中の平成8年、ハリウッド映画「ハンテッド」でスクリーンデビュー。
11年、舞台「友情~秋桜のバラード」で“逆輸入”デビューを果たした。
花柳寿々 舞踊家/13代仁左衛門三女
片岡静香
片岡静香
新劇女優/十三代仁左衛門五女
高田浩吉
高田浩吉
俳優、歌手/次女が高田美和、三女が高田瞳
高田美和
高田美和
女優/
高田瞳
高田瞳
女優/高田美和の妹/美和・瞳姉妹は大浦龍宇一の叔母
花柳壽輔(初代)
花柳寿輔(初代)
日本舞踊家(花柳流初代家元)
花柳壽輔(二代)
花柳寿輔(二代)
日本舞踊家(花柳流2代目家元)/後名・花柳寿応/本名・花柳芳三郎/
昭和35年人間国宝。
38年娘のわかばに寿輔の名を譲り、自身は寿応を名乗った。
花柳壽輔(三代)
花柳寿輔(三代)
日本舞踊家(花柳流3代目家元)/2代花柳寿輔の長女/前名・花柳わかば、本名・花柳若葉/
母・貞子は、13代片岡仁左衛門夫人の姉、また、2代花柳寿楽の姉
錦城斎典山(三代)
錦城斎典山
講談師
花柳壽楽(二代)
花柳寿楽(二代)
日本舞踊家/13代仁左衛門夫人の弟/
平成4年、人間国宝。
花柳錦之輔(二代)
花柳錦之輔(二代)
日本舞踊家/2代花柳寿楽長男
青山良彦(花柳嶽)
青山良彦
俳優、花柳流名取/2代花柳寿楽二男。息子に花柳貴彦(青山貴彦)/
関連DVD
大魔神
妖怪大戦争
花柳寿楽(3代目) 日本舞踊家、俳優/前名・花柳錦之輔(三代)、花柳典裕/俳優名・青山裕一
妻・暁子とはお見合い結婚。
花柳寿楽 オフィシャルサイト
花柳典幸 日本舞踊家
西條三恵 女優、タカラジェンヌ(娘役/1996年入団、2001年退団)
西条凡児
西條凡児
漫談家、テレビ司会者
西條遊児 タレント、ラジオパーソナリティ/西条凡児次男
西条笑児
西條笑児
タレント、ラジオパーソナリティ/西条凡児三男、西條三恵の父
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
歌舞伎界の家系・役者 梨園のひみつ」フィールドワイ/編
日本の有名一族―近代エスタブリッシュメントの系図集」小谷野敦
花のひと―孝夫から仁左衛門へ」宮辻政夫
テレビ・タレント人名事典」日外アソシエーツ/編
歌舞伎人名事典」野島寿三郎/編
豪閥―地方豪族のネットワーク」佐藤朝泰
「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ/編
日本芸能人名事典
週刊新潮 [結婚]
人事興信録
日刊ゲンダイ
役員四季報


●参考サイト
歌舞伎 on the web
ふたば会 花柳寿楽・花柳典幸 Web Site 【花柳流日本舞踊】
日本食糧新聞
デイリースポーツ online
SANSPO.COM