近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

東山千栄子 系図 (※転載禁止)





実父・渡辺暢、養父・寺尾亨


小津安二郎監督「東京物語」等に出演した新劇女優・東山千栄子は、
渡辺家の10人きょうだいの次女に生まれ、
数え10歳の時、子供のいなかった母方伯父・寺尾亨の養女となった。


母方・寺尾家は6人きょうだいで、父が早世し、母(東山千栄子祖母)の手により、
貧しい家計の中、子供たちは育て教育された。

長男・寺尾寿、次男・寺尾亨、三男・澄川徳は、
東京帝大を出て、それぞれ、理学博士、法学博士、医学博士となった。

この三兄弟は、とりわけ有名であった。
[キング近世名家兄弟出世番付]


そらのる 1210追加

●東山千栄子家系図
渡辺暢(とおる) 司法官、貴族院議員/下総佐倉藩の家老で代々城代を勤めた家系/
寺尾亨は帝大の同窓で親友、その妹と結婚/
千葉・仙台・横浜・東京各地方裁判所長を経て、統監府高等法院長等を歴任。
大正13年貴族院議員に勅選される。
渡辺達子(多津) キリスト教伝道者、日本キリスト教伝道会社社長/6人兄妹の末っ子
寺尾喜平太 福岡藩士/東山千栄子祖父/
身分の低い黒田藩の士族で、妻と6人の子供を残して早世。
のちに、藩で能狂言の師匠として重く用いられ出世した芸能人と判明。
また、長崎の人で外国人だったかもしれないという。
寺尾寿(ひさし)
寺尾寿
理学博士、天文学者、東京帝大教授、東京天文台長/
明治12~16年フランスに留学し、各所の天文台及びパリ大学で天体力学を学ぶ。
帰国後、17年東京大学教授に就任。
21年、初代東京天文台長を兼ね、また41年、日本天文学会初代会長などもつとめた。
東京物理学校(東京理科大学)創立者の一人でもある。
寺尾新(あらた)
寺尾新
理学博士、動物学者、農林省水産講習所教授/寿の二男、妻は石川千代松長女・きよ/
水産動物の増殖と加工などの研究で知られる。
著書に「優生学と生物測定学」「科学魂」「海・魚・人」「海の科学随記」
「生物と人世」「生物学」「動物はささやく」などがある。
寺尾亨
寺尾亨
法学博士、国際法学者、東京帝大教授/福岡藩士・寺尾喜平太の二男/
明治24年、ヨーロッパに留学。27年東京大学教授となり、国際法・国際私法講座を担当。
また戸水寛人らと日露主戦論の「七博士意見書」を発表。
44年の辛亥革命に際し、職を辞して孫文の革命政府の法律顧問となった。
大正3年、東京に政法学校を設立し、中国人留学生の教育に尽力した。
寺尾進 商工官僚/寺尾亨の養子、大西述の二男/
澄川徳(めぐむ)
澄川徳
医学博士、澄川内科病院長/澄川家を継ぐ/
小野隆太郎 司法官、福岡県議・市議、玄洋社社員/小野隆助()の養子/
司法省法学校に進む。明治21年代言人免許。
25年福岡市議、29年県議。34年判事任官。42年、46歳で没。
小野隆助()
  (隆介)
小野隆助
香川県知事、衆議院議員(当選3回)、第十七銀行取締役、玄洋社社員/旧姓・三木/
筑前共愛会会長。各郡長を歴任。
大宰府神社神職、中学校校長などを経て、明治23年代議士、31年香川県知事。
大正12年、84歳で没。
石川千代松
石川千代松
動物学者、東京帝国大学教授/
石川千代松
石川欣一(きんいち)
石川欣一
ジャーナリスト、翻訳家、評論家/妻は渡辺暢の六女・えい/
毎日新聞社に入社。米英特派員、ロンドン支局長をつとめ、のち文化部長、サン写真新聞社長。
昭和23年、グルー「滞日十年」を翻訳し、続いて24年から30年にかけて
チャーチル「第二次世界大戦回顧録」全24巻を刊行。
28年から29年にかけて刊行したブルックス「アメリカ文学史」(全5巻)は芸術院賞を受賞した。
英米人の大著を翻訳する一方、竹山道雄の作品などを英訳。
日本ライオンズ・クラブ初代ガバナーも務めた。
石川欣一 関連本
河野通久郎(とおくろう) 両親は加賀金沢藩士の出で、母方は家老の家柄/
東京帝大法科卒業後、原合名会社(原富太郎/生糸輸出商社)に勤務、結婚当時はモスクワ支店長
東山千栄子
東山千栄子
女優/本名・河野せん/学習院女学部卒/
弟にジャズベース奏者・渡辺良(りょう)、その息子にベース奏者・渡辺順/
明治42年、18歳で結婚、夫の任地モスクワへ行き、
モスクワ芸術座の「桜の園」などを見て、演劇への目を開かれる。
大正6年帰国。14年、35歳で創立間もない築地小劇場の研究生に合格し、新劇俳優としてスタート。
昭和2年に同劇場でチェホフの「桜の園」のラネーフスカヤ夫人を演じてから
38年の俳優座公演まで、同夫人役だけで310回も出演した。
約半世紀にわたり、演劇ばかりか映画やテレビでも活躍し、
27年芸術選奨文部大臣賞を受賞、41年文化功労者に選ばれた。
映画の代表作に小津安二郎監督の「麦秋」「東京物語」などがある。
著書に「新劇女優―伝記・東山千栄子」がある。
東山千栄子
東山千栄子 関連DVD
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究
夢・感動コム!
オリックス・バファローズ
BsGirls(ビーズガールズ)

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
私の履歴書 女優の運命
新劇女優―伝記・東山千栄子」東山千栄子/著
日本近現代人物履歴事典」秦郁彦/編
増補・玄洋社発掘 もう一つの自由民権」石瀧豊美/著
20世紀日本人名事典」日外アソシエーツ
「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ
人事興信録