近現代・系図ワールド

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

■関連ページ
系図で見る近現代

坂東三津五郎 系図 (※転載禁止)

梨園家系図
坂東三津五郎





●坂東三津五郎家系図
坂東三津五郎(7代目)
坂東三津五郎(7代目)
歌舞伎俳優/坂東三津五郎(10代目)の曽祖父/
七代目坂東三津五郎
坂東三津五郎(8代目)
坂東三津五郎(8代目)
歌舞伎俳優/坂東三津五郎(10代目)の祖父/
坂東三津五郎(7代目)に子がなく、養子に迎えられる。/
中村又五郎(2代目)は妹の夫。坂東三津五郎(10代目)、池上季実子は孫。
甥に岸沢式佐(11代目・常盤津三味線方)/
茶道、古美術に造詣深く、歌舞伎界の故事、先達の芸風にも通じ、
「歌舞伎の生字引」といわれた。昭和50年、フグ中毒で急逝。
八代目坂東三津五郎
八代目坂東三津五郎の 食い放題
坂東秀調(4代目) 歌舞伎俳優/坂東秀調(3代目)の養子
四代目坂東秀調
坂東又太郎(7代目) 歌舞伎俳優、舞踊家/坂東秀調(3代目)長男/
昭和3年、歌舞伎座(どんどろ)に子役としてお鶴役で初舞台を踏む。
のち7代目坂東又太郎を襲名したが、23年役者を廃業、一時警察官となる。
24年3月より再び坂東又太郎を名乗り、日本舞踊坂東流師匠として活躍した。
市川高麗蔵(10代目) 歌舞伎俳優/坂東秀調(3代目)二男
十代目市川高麗蔵
坂東秀調(5代目) 歌舞伎俳優/市川高麗蔵(10代目)長男
五代目坂東秀調
坂東三津五郎(9代目)
坂東三津五郎(9代目)
歌舞伎俳優/坂東秀調(3代目)三男、坂東三津五郎(10代目)の父/
妻・喜子(のぶこ)は坂東三津五郎(8代目)長女、養子入り。
九代目坂東三津五郎
坂東三津五郎(10代目)
坂東三津五郎(10代目)
歌舞伎俳優、日本舞踊坂東流家元(坂東流は日本舞踊5大流派の一つ)/
前名・坂東八十助(やそすけ/5代目)/坂東三津五郎(9代目)長男/
平成25年、すい臓がんの手術を受け、26年舞台復帰を果たしたが、
肺に転移が見つかり、闘病生活を送るも、27年2月21日死去。59歳。/
昭和58年寿ひずると結婚。“寿”と“寿”[本名・守田寿(ひさし)]の結婚であったが平成9年離婚。
10年近藤サトと再婚するも、12年離婚。/
曽祖父・7代目三津五郎以来の坂東家に誕生した男児であった。
昭和32年、1歳1ヵ月の時、7代目に抱きかかえられ、「傀儡師」の唐子役で舞台に初登場。
37年、6歳の時、八十助の名で初舞台。平成13年、10代目坂東三津五郎を襲名。
世話物、古典と芸域が広く、歌舞伎界の若手リーダー格と称された。
海外での歌舞伎公演にも、たびたび参加。日本舞踊・坂東流家元でもあり、
また、歌舞伎以外の舞台や映画・TVドラマにも出演した。
十代目坂東三津五郎
坂東三津五郎
坂東三津五郎 歌舞伎の愉しみ
坂東三津五郎 踊りの愉しみ
坂東三津五郎 粋な城めぐり
寿ひずる
寿ひずる
女優、タカラジェンヌ(58期生・男役/昭和47~57年在団/愛称・イーちゃん)/
4歳から子役として活動。宝塚歌劇団に1972年入団。
星組→花組→雪組→花組で男役スターとして活躍。
明快さとナイーブな感性を備え、妖精のような男役を演じた。
トップスターを目前にして82年退団。翌年、結婚。3人の子をもうけ育てるも離婚。
1997年、三越劇場「華の絆」(植田紳爾/脚本)で舞台復帰。
他の出演に舞台「サウンド・オブ・ミュージック」「風と共に去りぬ」「」蜘蛛の巣」など。/
以下、週刊新潮 1983年6/9 [結婚]より抜粋、
『まずはホテルオークラの「平安の間」で催された「寿」ずくめの披露宴の模様から。
なにせ新郎新婦が歌舞伎のホープと宝塚花組のトップスター(※次期)なのだから、
歌右衛門、勘三郎ら芸能人を中心に招待客がざっと七百名。
宝塚歌劇団の市川安男理事長の挨拶がふるっていた。
「これから寿クンがトップというときに、彼女を八十助さんにとられてしまい、
宝塚は被害者です。宝塚では八十助さんを“クソ助”と呼んでいた」で、場内、大爆笑。
鳳蘭がシャンソンの「愛の讃歌」を歌い、現役ヅカガールたちが宝塚のテーマソング
「すみれの花咲く頃」を大合唱しているころ、ホテル周辺には三百名からのヅカファンが
花束を手に手に、「やっぱり白馬の王子にイーちゃんをさらわれたって 感じなのよね」
----ホテル全体が劇場になったかのようなフンイキだった。』
守田菜生
守田菜生
女優/三津五郎(10代目)長女
守田幸奈 日本舞踊坂東流師範/三津五郎(10代目)次女
坂東巳之助
坂東巳之助
歌舞伎俳優/三津五郎(10代目)長男
二代目坂東巳之助
芸の真髄シリーズ 江戸ゆかりの家の芸 坂東 三津五郎 [DVD]
近藤サト
近藤サト
アナウンサー(フジテレビを経てフリー)、ナレーター、日大芸術学部特任教授/
平成15年、イベント企画会社アイ・アンド・エフ社長の今岡寛和と再婚/
「有吉反省会|日本テレビ」、「古都浪漫こころ寺巡り|BSフジ」等で、ナレーターを担当。
「有吉反省会」での、かしこまった慇懃無礼?なナレーションが印象的。
池上季実子
池上季実子
女優/母・慶子は坂東三津五郎(8代目)の次女。10代目坂東三津五郎はいとこ。
父・池上義昭は滋賀県大津市の合成樹脂加工会社社長。
父母はは昭和59年離婚。父方祖父は三井物産取締役を務めた。
昭和60年、古美術店「一元堂」経営の臼井一元(実家は岐阜で窯元を経営)と結婚するも離婚。
守田勘弥(14代目)
守田勘弥(14代目)
歌舞伎俳優/
昭和12年、水谷八重子と結婚するも25年離婚。その後、藤間勘紫恵と再婚。
十四代目守田勘弥
藤間勘紫恵(かんしえ) 日本舞踊家
坂東玉三郎
坂東玉三郎
歌舞伎俳優/14代目守田勘弥の養子/
本名・守田伸一、旧姓・楡原。楡原家は東京・大塚で料亭を経営した。
五代目坂東玉三郎
中村時蔵(5代目)
中村時蔵(5代目)
歌舞伎俳優/
(週刊新潮 昭和60年5/16号[結婚:「玉三郎の妹」をおヨメにもらった女形・中村時蔵)]より、
『その時蔵が三十歳にして、めでたくゴールインしたのである。
相手は守田明江さん、二十五歳。実父は都内でバッグの卸業を営んでいるが、
彼女、藤間流の舞踊家で伯母にあたる守田勘弥未亡人の養女に入っている。
つまり、守田家の養子である玉三郎とは義理の兄妹になるというわけ』
五代目中村時蔵
梨園関連系図
水谷八重子(初代)
水谷八重子(初代)
女優/
amazon関連本:水谷八重子
水谷竹紫(ちくし)
水谷竹紫
演出家、劇作家/水谷八重子(初代)義兄/
孫に宝塚歌劇団娘役・水谷紫乃(しの/平成5年入団、11年退団)
水谷八重子(二代)
(良重)
水谷八重子(二代)
女優/旧芸名・水谷良重/
守田勘弥(14代目)と水谷八重子(初代)の一人娘。
白木秀雄
白木秀雄
ジャズ・ドラマー/
昭和34年、当時ジャズ歌手だった水谷良重と結婚、38年離婚/
坂東好太郎
坂東好太郎
映画俳優、歌舞伎俳優/
大正11年沢村健太郎を名乗って初舞台、13年坂東好太郎と改名。
昭和6年、松竹下加茂撮影所に入って二枚目時代劇スターとなり、
林長二郎(長谷川一夫)、高田浩吉とともに美男三羽ガラスとして人気を集めた。
主な作品は岡田嘉子と共演の「お静礼三」、田中絹代と共演の「浪花女」など。
戦後23年からは大映、日活、新東宝、東映と移り、
37年歌舞伎に復帰後は老練なわき役として貴重な存在だった。
最後の舞台は56年4月、東京・歌舞伎座での「元禄忠臣蔵=南部坂雪の別れ」の落合与右衛門役。
(「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ)
amazonDVD:坂東好太郎
飯塚敏子
飯塚敏子
女優/
婦人公論の美人投票に当選、昭和5年松竹蒲田に入社。
6年小津安二郎監督の「淑女と髯」に岡田時彦の相手役でデビュー。
「この穴を見よ」などでヒロイン。同年8月松竹下加茂に移る。
衣笠貞之助監督の「唐人お吉」で主演。7年「弥次喜多美人騒動」で準幹部。
坂東好太郎デビュー作「世直し大明神」に共演、以来美男美女コンビで大人気。
この間、林、高田との共演、市川右太衛門の相手役を務め、蒲田に迎えられた。
同年秋、日活太秦の永田雅一が他社スター引き抜きに暗躍、飯塚も1万円女優と新聞に騒がれた。
8年幹部昇格。この頃、坂東好太郎とのコンビが多く二人のロマンスが話題となる。
「巷説・濡れつばめ」ではうぐいす芸者・市丸の主題歌がつき、好評を博した。
10年夏、坂東好太郎と結婚。11年蒲田で五所平之助の「奥様借用書」主演、大船で「朧夜の女」。
京都に戻り「あさぎり峠」など8本。12年出産で退社。14年「月夜鴉」で復帰。
17年坂東好太郎一座結成、24年まで舞台公演。映画は21年引退した。
(「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ)
amazonDVD:飯塚敏子
坂東吉弥(2代目) 歌舞伎俳優/坂東好太郎長男。平成16年没
二代目坂東吉弥
坂東小吉 歌舞伎俳優/坂東吉弥の孫
初代坂東小吉
坂東弥十郎
坂東弥十郎
歌舞伎俳優/坂東好太郎三男
初代坂東彌十郎
坂東新悟 歌舞伎俳優/坂東弥十郎長男
初代坂東新悟
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:ウィキペディア/amazon[名前で検索])



スポンサーリンク



近現代人物
あ行 か行
さ行 た行
な行 は行
ま行 や行
ら行 わ行
スポーツ 芸能
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図


スポンサーリンク



内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献や、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、また、TV番組なども、参考に描いております。


当サイト及びページは、リンクフリーです。

ただし、画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。
無断転載は、一切お断りいたします。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。



スポンサーリンク



『一つの歴史上の事実をみるとき、その周辺の出来事が、人脈が、どう動き、影響を与えあっているのか、それらに心を遊ばせるのが歴史をあじわう醍醐味である。

日本系譜綜覧 まえがき」より)』


ここで描いている系図はあくまでも簡略系図です。

なお、基本的に、役職・肩書きの「元・前」は、省略しております。









カスタム検索





 

●参考文献
十代目坂東三津五郎」坂東三津五郎
粋にいなせに三津五郎」坂東三津五郎
坂東玉三郎―歌舞伎座立女形(たておやま)への道」中川右介
日本の有名一族―近代エスタブリッシュメントの系図集」小谷野敦
歌舞伎人名事典」野島寿三郎/編
歌舞伎界の家系・役者 梨園のひみつ」フィールドワイ/編
「芸能人物事典 明治大正昭和」日外アソシエーツ
テレビ・タレント人名事典」日外アソシエーツ
週刊新潮
朝日新聞


●参考サイト
歌舞伎 on the web

●花本さまより追加情報をいただきました。
人事興信録

●参考TV
ソロモン流|テレビ東京 2013年6月16日 「賢人:坂東三津五郎」
徹子の部屋|テレビ朝日