近現代・系図ワールド
近現代人物家系図サイトです。

スマホ等でご覧の場合、「下に送る、拡大・縮小する」等は、系図外の部分をなぞって下さい。

スポンサーリンク

相武紗季 系図 (※転載禁止)




  • 相武紗季の母と姉は、ともに元・宝塚歌劇団娘役。

そらのる 1210追加

●相武紗季家系図
朱穂芽美
(あけほ めみ)
朱穂芽美
タカラヅカ62期生星組娘役/
昭和51(1976)年入団、57(1982)年退団。同期に日向薫や、現役では飛鳥裕、夏美よう/
二人娘の母(長女・音花ゆり、次女・相武紗季)/
『夫・相武利尚(としひさ)との出会いは阪急電車内でウィンクされた事。(元々、顔見知りではあった)
相武紗季によれば、父は体育会系で、今でもドラマを見て、お茶碗の持ち方など注意される。
(参考:「A-Studio」TBS)』

『・大阪府池田市出身、宝塚市立宝塚中学卒、身長158cm
・お茶目な娘役 仲間の楽屋着のソデ口を縫い付けて喜ぶなど、組きってのイタズラ魔。
(参考:「タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年/別冊一億人の昭和史」)』
音花ゆり
(おとはな ゆり)
タカラヅカ87期生星組娘役(平成13年入団、27年5月退団)/相武紗季の姉/
小学校高学年から、宝塚コドモアテネに通う。
1999年宝塚音楽学校入学、2001年宝塚歌劇団入団。
同期に龍真咲(月組男役トップ)、早霧せいな(雪組男役トップ)。
星組娘役、エトワール(ショーのフィナーレの最初を飾るソロ歌手)を7度務める。
2015年5/10、東京宝塚劇場公演を最後に退団。
退団公演のショー「Dear DIAMOND!!」でもエトワールを務めた。
関連CD:「TAKARAZUKA 旅美写美(たびさび)
Tribute to STUDIO GHIBLI 宝塚娘役がうたうスタジオジブリのうた
Quatre Saisons -日本の四季を歌う-
相武紗季
(あいぶ さき)
相武紗季
女優/2016年5月、一般男性と結婚/
当初の主な出演作品は、CM「サントリー・CCレモン」「江崎グリコ・ビスコ」、ドラマ「ウォーターボーイズ」「17才の夏」「ライオン先生」、映画「Book cafe」「茶の味」等。
相武紗季 テレビドラマ相関図
関連本:相武紗季
相武紗季写真集surf trip
関連DVD:相武紗季
(肩書き・役職の「元・前」は基本的に省略|人物解説リンク:コトバンク/amazon[名前で検索])





カスタム検索




スポンサーリンク

近現代人物
あ行 か行 さ行 た行
な行 は行 ま行 や行
ら行 わ行 リンク 政治
芸能 スポーツ 華族一覧
「系図でみる近現代」目次
タカラヅカ人脈
TVドラマ相関図
「ザ・ベストテン」4要素大研究

スポンサーリンク

その時々の話題の人物、あるいは、旧華族・皇族や、政財界人・学者、芸能・文化人など近現代の先覚者たちを知り、家系図を通して、それらの人物を「点」から「線」へとつなぎ、人物・歴史を識るサイトです。

内容は基本的に書籍、新聞・雑誌等の文献、ネット上の新聞社・出版社、人物に関する公式サイト等、TV番組なども、参考に描いております。また、家系図に登場される方からの情報の場合もあります。


人物解説リンクは正式・正統な人物事典であるコトバンクにリンクを貼っています。



文章および画像の盗用(家系図のコピペ等)は、明確な著作権違反です。無断転載、一切、お断りいたします。


当サイト・ページのウィキペディアへの掲載は、一切、お断りいたします。

当サイトは著作権法に基づき、robots.txtで、日本系・外国系を問わず、ウェブ魚拓を拒否しております。


2014(平成26)年に最終改訂されている著作権法第七章第四条の四で、『robots.txtで情報の収集を拒否するページの情報収集の禁止』が定められています。
すなわち、ウェブ魚拓を取った者は、著作権侵害者になります。ご注意下さい。


ご理解の程、よろしくお願いいたします。





 

●参考文献
「タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年」別冊一億人の昭和史
テレビ・タレント人名事典 第6版」日外アソシエーツ

●参考TV
「A-Studio」TBS